2018年05月01日

#MeToo 人権被害者です! 拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。 2018-05-01:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での「人道上の犯罪」 被害者を救済してください。

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。

2018-05-01:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での「人道上の犯罪」 被害者を救済してください。

拝啓、私は日本人です。
日本政府による、貴国の「不法就労罪」での人権侵害被害者を救済してください。

警察官や検察らは、この事件で、一般の国民や外国人そして政治家が、法律に疎いことを悪用したのです。

入管法違反(資格外活動)の不法就労に対して、
外国人だけを入管法違反「不法就労の罪」で刑事処罰したのです。

しかし、その外国人を雇用した事業者を入管法が規定する「不法就労を助長する罪」で刑事処分しなかったのです。

それで、彼らは入管法の22条の4の4(在留資格取消の嘘偽の書類提出)の処分行為と
その幇助行為を「不法就労」に対する刑法の幇助行為としたのです。クレイジーです。

そして罪名は、外国人には入管法の70条(資格外活動)を適用しました。

そして彼らは「内容虚偽の雇用契約書」を外国人に提供した者を、
「不法就労罪」に対する刑法の「幇助罪」にしたのです。

事実行為の内容と犯罪名をする変えたのです。
それで解りにくいのです。続きます。


各国政府は日本政府より人権侵害を受けた自国民の救済を日本政府に求めるべきです。
移民や難民を新たに受け入れるよりも、自国民の救済を優先すべきです。
私はそのためにメールを差し上げています。貴国にも被害者はたくさんいます。

記者の皆さま、貴方の正義で私や世界の被害者を救済してください。

日本国職員による、「不法就労罪」での人道上の犯罪です。
日本法だけでなく国際法違反です。資料は下記にあります。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

資料だけでは不明です。お問合せをしてください。
#MeToo 人権被害者を救済してください。
敬具 長野恭博


メディアへお願い ******************************************

この人道上の犯罪は、北朝鮮による日本人拉致犯罪よりも酷い犯罪です。
日本政府関係者の信じられない、「適用法違反の人道上の犯罪」を、貴メディアで紹介してください!
貴方のの正義ある行動が、地球上からテロ犯罪をなくすことにつながります!

国際刑事裁判所:
日本は2007年10月1日正式に105ヵ国目の締約国となっている。
ローマ規程およびその協力法は、国内法において2007年10月1日に発効した。

国際刑事裁判所に関するローマ規程
当事件は下記に該当します。当事件は2010年に発生しています。
第七条 人道に対する犯罪
(e) 国際法の基本的な規則に違反する拘禁その他の身体的な自由の著しいはく奪

前文・第1条(裁判所)
国際刑事裁判所は国家の刑事裁判権を補完する。

第27条(公的資格の無関係性)
国際刑事裁判所規程は、その公的資格に関りなく、
すべての者に平等に適用される。
国家元首や議員、公務員であっても、規程に基づく刑事責任から免除されない。


私の情報 ***************************************************

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博


不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

********************************************************************

posted by 長野トミー at 07:19| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

#MeToo 人権被害者です! 拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。 2018-04-30:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での「人道上の犯罪」 被害者を救済してください。

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。

2018-04-30:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での「人道上の犯罪」 被害者を救済してください。


拝啓、私は日本人です。日本政府による、貴国の「不法就労罪」での人権侵害被害者を救済してください。

ICCに提出した資料は理解しにくいと思います。
それで、今日からこの入管法違犯事件をもっと丁寧に説明していきます。

2010年の入管法違反事件も、
2014年そして2015年のフィリピン大使館入管法違反事件も、同じ犯罪で同じ理由です。

不法就労は、司法関係者が両者を罰すれば法の下で平等ですが、
外国人だけを処罰するので国際法違反になるのです。

これは恣意的な犯罪です。

警察や検察は不法就労事件で、彼らは、
不法就労させた事業者と癒着(adhesion)していて情(emotion)により
「不法就労助長罪」で処罰したくないのです。

それで彼らは「不法就労助長罪」で規定する幇助者ではなく嘘偽の「不法就労の幇助者」をでっち上げたのです。
続きます・・・

各国政府は日本政府より人権侵害を受けた自国民の救済を日本政府に求めるべきです。
移民や難民を新たに受け入れるよりも、自国民の救済を優先すべきです。
私はそのためにメールを差し上げています。貴国にも被害者はたくさんいます。

記者の皆さん、貴方の正義で、私や世界の被害者を救済してください。

日本国職員による、「不法就労罪」での人道上の犯罪です。
日本法だけでなく国際法違反です。資料は下記にあります。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

資料だけでは不明です。お問合せをしてください。
#MeToo 人権被害者を救済してください。敬具 長野恭博


メディアへお願い ******************************************

この人道上の犯罪は、北朝鮮による日本人拉致犯罪よりも酷い犯罪です。
日本政府関係者の信じられない、「適用法違反の人道上の犯罪」を、貴メディアで紹介してください!
貴方のの正義ある行動が、地球上からテロ犯罪をなくすことにつながります!

国際刑事裁判所:
日本は2007年10月1日正式に105ヵ国目の締約国となっている。
ローマ規程およびその協力法は、国内法において2007年10月1日に発効した。

国際刑事裁判所に関するローマ規程
当事件は下記に該当します。当事件は2010年に発生しています。
第七条 人道に対する犯罪
(e) 国際法の基本的な規則に違反する拘禁その他の身体的な自由の著しいはく奪

前文・第1条(裁判所)
国際刑事裁判所は国家の刑事裁判権を補完する。

第27条(公的資格の無関係性)
国際刑事裁判所規程は、その公的資格に関りなく、
すべての者に平等に適用される。
国家元首や議員、公務員であっても、規程に基づく刑事責任から免除されない。


私の情報 ***************************************************

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/


長野恭博



不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

********************************************************************

posted by 長野トミー at 07:23| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#MeToo 人権被害者です! 拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。 2018-04-30:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での「人道上の犯罪」 被害者を救済してください。

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。

2018-04-30:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での「人道上の犯罪」 被害者を救済してください。


拝啓、私は日本人です。日本政府による、貴国の「不法就労罪」での人権侵害被害者を救済してください。

ICCに提出した資料は理解しにくいと思います。
それで、今日からこの入管法違犯事件をもっと丁寧に説明していきます。

2010年の入管法違反事件も、
2014年そして2015年のフィリピン大使館入管法違反事件も、同じ犯罪で同じ理由です。

不法就労は、司法関係者が両者を罰すれば法の下で平等ですが、
外国人だけを処罰するので国際法違反になるのです。

これは恣意的な犯罪です。

警察や検察は不法就労事件で、彼らは、
不法就労させた事業者と癒着(adhesion)していて情(emotion)により
「不法就労助長罪」で処罰したくないのです。

それで彼らは「不法就労助長罪」で規定する幇助者ではなく嘘偽の「不法就労の幇助者」をでっち上げたのです。
続きます・・・

各国政府は日本政府より人権侵害を受けた自国民の救済を日本政府に求めるべきです。
移民や難民を新たに受け入れるよりも、自国民の救済を優先すべきです。
私はそのためにメールを差し上げています。貴国にも被害者はたくさんいます。

記者の皆さん、貴方の正義で、私や世界の被害者を救済してください。

日本国職員による、「不法就労罪」での人道上の犯罪です。
日本法だけでなく国際法違反です。資料は下記にあります。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

資料だけでは不明です。お問合せをしてください。
#MeToo 人権被害者を救済してください。敬具 長野恭博


メディアへお願い ******************************************

この人道上の犯罪は、北朝鮮による日本人拉致犯罪よりも酷い犯罪です。
日本政府関係者の信じられない、「適用法違反の人道上の犯罪」を、貴メディアで紹介してください!
貴方のの正義ある行動が、地球上からテロ犯罪をなくすことにつながります!

国際刑事裁判所:
日本は2007年10月1日正式に105ヵ国目の締約国となっている。
ローマ規程およびその協力法は、国内法において2007年10月1日に発効した。

国際刑事裁判所に関するローマ規程
当事件は下記に該当します。当事件は2010年に発生しています。
第七条 人道に対する犯罪
(e) 国際法の基本的な規則に違反する拘禁その他の身体的な自由の著しいはく奪

前文・第1条(裁判所)
国際刑事裁判所は国家の刑事裁判権を補完する。

第27条(公的資格の無関係性)
国際刑事裁判所規程は、その公的資格に関りなく、
すべての者に平等に適用される。
国家元首や議員、公務員であっても、規程に基づく刑事責任から免除されない。


私の情報 ***************************************************

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/


長野恭博



不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

********************************************************************

posted by 長野トミー at 07:13| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

<思い出有難う> #metoo 人権被害者です! 拝啓 国際社会の皆さま 本日のメールです。 日曜版 2018年4月29日 毎日のメールの要約です。 1.第1の被害者を救済しましょう

<思い出有難う> #metoo 人権被害者です!
拝啓 国際社会の皆さま 本日のメールです。

日曜版 2018年4月29日 毎日のメールの要約です。
1.第1の被害者を救済しましょう!

日本で不法就労を行い、在留資格外活動をして「入管法の違反(在留資格外の活動)」で罰金刑や懲役刑を受けた外国人(あなたの国の国民)を救済しましょう。
例えば、外国人が日本に「就労系のビザ」で在留して、飲食店で働いて逮捕された。
外国人が日本に「観光ビザ」で在留して、飲食店で働いて逮捕されたなどです。

日本の「入管法」は、国際法に従い、不法に働いた外国人と不法に働かせた雇用者の、両者を平等に処罰する規定です。
しかし、日本の警察や検察は、外国人だけを「(入管法70条)の不法就労罪」で刑事処分しますが、
彼らは働かせた雇用者を「(入管法73の2条)の不法就労を幇助した罪」で処分しません。
この処分は、国際法違反ですね!

警察官、検察官らには「裁量権」があります。
彼らが雇用者を「裁量権」で刑事処分しないのであれば、働いた外国人も刑事処分なしです。
外国人だけを処罰するのは、国際法違反です。
皆さま、これだけはしっかり理解してください。
皆様の正義で、被害者を救済しましょう。

日本で、不法就労での裁判は不当です。国際法違反です。
詳しくは、毎日のメールをご覧ください。
ICCへの提出資料は下記にあります。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

翻訳文書は不正確ですので、メールにて問い合わせをして下さい。
再度翻訳、若しくは日本語原文を添付して送信します。
敬具 長野恭博


不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp
posted by 長野トミー at 08:16| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

#MeToo 人権被害者です! 拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。 2018-04-27:「日本国の政府職員による、 移民、難民に対する扱いをめぐる人道上の犯罪」#MeToo 被害者を救済してください。

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。

2018-04-27:「日本国の政府職員による、
移民、難民に対する扱いをめぐる人道上の犯罪」#MeToo 被害者を救済してください。

拝啓、私は日本人です。偉大な大統領を尊敬しています。助けてください!

事実として、アメリカは「法の下での統治」が行われていない。
外国人は不法にメキシコ国境からアメリカに入国する。
不法に入国すれば、不法に働くことは「OK」だと言う。
聖域都市の市民らは不法入国者を逮捕して強制送還することは、「人権侵害」だと言う。
トランプ大統領は、聖域都市の不良市民と戦うと言う。
しかし、日本で起きていることには「無関心だ」

思い出そう、2016年の年始挨拶でローマー法王は言った、
「平和の敵は戦争だけではない。無関心も敵だ。」

「全米ライフル協会」のホームページに標語があった。
「銃が人を殺すのではない。人間が人間を殺すのだ。」アメリカはこの論理で動いているのだろう。

テロリストは言うだろう。
「既存の政府は嘘ばかり言う。既存の政府を武器で破壊しなければ、人権は勝ち取れない。」


私は、まだ諦めない。
「既存の政府の人間のすべてが嘘を言ったり、人権を無視するのではない。
既存の政府の中にも正義の心をもった人間が必ずいる。」
来週に、続きます。

不法入国は不法就労以前の次元の問題です。
各国は不法入国を防止するために国境に壁を作るべきです!トランプ大統領、ガンバレ!

日本国職員による、「不法就労罪」での人道上の犯罪です。
日本法だけでなく国際法違反です。資料は下記にあります。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

貴方の国にも被害者はたくさんいます。
#MeToo 被害者は立ち上がろう!敬具。


メディアへお願い ******************************************

この人道上の犯罪は、北朝鮮による日本人拉致犯罪よりも酷い犯罪です。
日本政府関係者の信じられない、「適用法違反の人道上の犯罪」を、貴メディアで紹介してください!
貴方のの正義ある行動が、地球上からテロ犯罪をなくすことにつながります!

国際刑事裁判所:
日本は2007年10月1日正式に105ヵ国目の締約国となっている。
ローマ規程およびその協力法は、国内法において2007年10月1日に発効した。

国際刑事裁判所に関するローマ規程
当事件は下記に該当します。当事件は2010年に発生しています。
第七条 人道に対する犯罪
(e) 国際法の基本的な規則に違反する拘禁その他の身体的な自由の著しいはく奪

前文・第1条(裁判所)
国際刑事裁判所は国家の刑事裁判権を補完する。

第27条(公的資格の無関係性)
国際刑事裁判所規程は、その公的資格に関りなく、
すべての者に平等に適用される。
国家元首や議員、公務員であっても、規程に基づく刑事責任から免除されない。


私の情報 ***************************************************

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博


不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

********************************************************************

posted by 長野トミー at 07:11| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする