2018年05月04日

MeToo 人権被害者です! 拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。 2018-05-04:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での「人道上の犯罪」 被害者を救済してください。


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。

2018-05-04:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での「人道上の犯罪」 被害者を救済してください。

拝啓、私は日本人です。
日本政府による、貴国の「不法就労罪」での人権侵害被害者を救済してください。

それで、外国人に「内容虚偽の雇用契約書」を提供した者は、
不法就労に対する刑法の幇助罪が適用できると言うのです。

彼らは不法就労でなく殺人をすれば、殺人罪に対する刑法の幇助罪だと言うのです。

彼らは、刑法の幇助罪の適用論理に「風が吹けば桶屋(Okeya)が儲かる」の論法を採用しているのです。

刑法の幇助罪を適用するための「こじつけ( far-fetched )」です。

彼らは罪にならないことを無理やり犯罪にしています。
あくどい法のトリックです!
幇助罪の乱用です。
彼らは法の論理を逸脱しています。まったく、クレイジーです。

私は、外国人がした不法就労について話しています

不法就労では、外国人に不法就労させた雇用者が無罪であれば、
不法就労させられた外国人も無罪です。これが法の下での平等です。
続きます。

各国政府は日本政府より人権侵害を受けた自国民の救済を日本政府に求めるべきです。
移民や難民を新たに受け入れるよりも、自国民の救済を優先すべきです。
私はそのためにメールを差し上げています。貴国にも被害者はたくさんいます。

記者の皆様、正義をもって私や世界の被害者を支援してください。

日本国職員による、「不法就労罪」での人道上の犯罪です。
日本法だけでなく国際法違反です。資料は下記にあります。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

資料だけでは不明です。お問合せをしてください。
#MeToo 人権被害者を救済してください。
敬具 長野恭博


私の情報 ***************************************************

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博


不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

********************************************************************



#MeToo Human rights victim!


Dear Sirs Everyone in the international society's media is today's email.

2018-05-04: Please rescue the victims of "humanitarian crime"
in illegal "violation of immigration law" by government officials in Japan.

Dear Sirs, I am Japanese. Please rescue the victims of human rights abuses
in your country's "illegal work" by the Japanese government.

Therefore, those who provided foreigners with "false employment contracts" say
that the crime aid for illegal employment can be applied.

They say that if they kill murder rather than illegal work,
they are a crime for the criminal law against murder charges.

They adopt the logic of application logic of the criminal law aid,
"Okeya is profitable if the wind blows".

It is "far-fetched" to apply criminal assistance charges.

They are making a criminal offense that they are not innocent.

It is a trick of a huge law!

It is abuse of assistance sin.

They are departing from the logic of the law. It is crazy at all.

I am talking about illegal work done by a foreigner
In illegal work, if an employee who let a foreigner work illegally is innocent,
a foreigner who was forced to work illegally is also acquitted.
This is equal under the law.

Continue.

Governments of each country should ask the Japanese government to rescue their citizens
who have suffered human rights violations by the Japanese government.
Rather than newly accepting immigrants and refugees,
we should give priority to the relief of our citizens.
I am e-mailing for that.
There are also many victims in your country.

Reporters, please support me and the victims of the world with justice.

It is a humanitarian crime under "illegal worker's crime" by Japanese officials.
Not only Japanese law but international law violation.
The material is below.

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

It is unknown only with materials. Please contact us.
#MeToo Please remedy human rights victims.
Sincerely yours, Yasuhiro Nagano


Request to media ******************************************

This humanitarian crime is a more severe crime than a Japanese abduction crime by North Korea.
Please introduce the unbelievable "humanitarian crime of application law violation" of the officials of the Japanese government with your media!
Your justice action will lead to the elimination of terror crime from the earth!

International Criminal Court:
Japan officially became a Party of 105 countries on October 1, 2007.
The Rome Statute and its cooperation law came into force on October 1, 2007 under domestic law.

Rome Statute on the International Criminal Court
This case falls under the following case. This incident occurred in 2010.
Article 7 Crimes against humanity
(E) significant deprivation of detention and other physical freedoms
in violation of the basic rules of international law

Preamble · Article 1 (Court)
The International Criminal Court complements the criminal jurisdiction of the state.

Article 27 (irrelevance of public qualification)
The International Criminal Court Regulations, regardless of their public qualifications,
It applies equally to all.
Even heads of State, lawmakers, public officials are not exempt
from criminal liability based on the regulations.

My information *************************************************

It is published in the following program.
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

Yasuhiro Nagano


For uncertainties, please contact us!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

*****************************************************************

posted by 長野トミー at 11:22| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MeToo 人権被害者です! 拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。 2018-05-04:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での「人道上の犯罪」 被害者を救済してください。


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。

2018-05-04:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での「人道上の犯罪」 被害者を救済してください。

拝啓、私は日本人です。
日本政府による、貴国の「不法就労罪」での人権侵害被害者を救済してください。

それで、外国人に「内容虚偽の雇用契約書」を提供した者は、
不法就労に対する刑法の幇助罪が適用できると言うのです。

彼らは不法就労でなく殺人をすれば、殺人罪に対する刑法の幇助罪だと言うのです。

彼らは、刑法の幇助罪の適用論理に「風が吹けば桶屋(Okeya)が儲かる」の論法を採用しているのです。

刑法の幇助罪を適用するための「こじつけ( far-fetched )」です。

彼らは罪にならないことを無理やり犯罪にしています。
あくどい法のトリックです!
幇助罪の乱用です。
彼らは法の論理を逸脱しています。まったく、クレイジーです。

私は、外国人がした不法就労について話しています

不法就労では、外国人に不法就労させた雇用者が無罪であれば、
不法就労させられた外国人も無罪です。これが法の下での平等です。
続きます。

各国政府は日本政府より人権侵害を受けた自国民の救済を日本政府に求めるべきです。
移民や難民を新たに受け入れるよりも、自国民の救済を優先すべきです。
私はそのためにメールを差し上げています。貴国にも被害者はたくさんいます。

記者の皆様、正義をもって私や世界の被害者を支援してください。

日本国職員による、「不法就労罪」での人道上の犯罪です。
日本法だけでなく国際法違反です。資料は下記にあります。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

資料だけでは不明です。お問合せをしてください。
#MeToo 人権被害者を救済してください。
敬具 長野恭博


私の情報 ***************************************************

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博


不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

********************************************************************



#MeToo Human rights victim!


Dear Sirs Everyone in the international society's media is today's email.

2018-05-04: Please rescue the victims of "humanitarian crime"
in illegal "violation of immigration law" by government officials in Japan.

Dear Sirs, I am Japanese. Please rescue the victims of human rights abuses
in your country's "illegal work" by the Japanese government.

Therefore, those who provided foreigners with "false employment contracts" say
that the crime aid for illegal employment can be applied.

They say that if they kill murder rather than illegal work,
they are a crime for the criminal law against murder charges.

They adopt the logic of application logic of the criminal law aid,
"Okeya is profitable if the wind blows".

It is "far-fetched" to apply criminal assistance charges.

They are making a criminal offense that they are not innocent.

It is a trick of a huge law!

It is abuse of assistance sin.

They are departing from the logic of the law. It is crazy at all.

I am talking about illegal work done by a foreigner
In illegal work, if an employee who let a foreigner work illegally is innocent,
a foreigner who was forced to work illegally is also acquitted.
This is equal under the law.

Continue.

Governments of each country should ask the Japanese government to rescue their citizens
who have suffered human rights violations by the Japanese government.
Rather than newly accepting immigrants and refugees,
we should give priority to the relief of our citizens.
I am e-mailing for that.
There are also many victims in your country.

Reporters, please support me and the victims of the world with justice.

It is a humanitarian crime under "illegal worker's crime" by Japanese officials.
Not only Japanese law but international law violation.
The material is below.

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

It is unknown only with materials. Please contact us.
#MeToo Please remedy human rights victims.
Sincerely yours, Yasuhiro Nagano


Request to media ******************************************

This humanitarian crime is a more severe crime than a Japanese abduction crime by North Korea.
Please introduce the unbelievable "humanitarian crime of application law violation" of the officials of the Japanese government with your media!
Your justice action will lead to the elimination of terror crime from the earth!

International Criminal Court:
Japan officially became a Party of 105 countries on October 1, 2007.
The Rome Statute and its cooperation law came into force on October 1, 2007 under domestic law.

Rome Statute on the International Criminal Court
This case falls under the following case. This incident occurred in 2010.
Article 7 Crimes against humanity
(E) significant deprivation of detention and other physical freedoms
in violation of the basic rules of international law

Preamble · Article 1 (Court)
The International Criminal Court complements the criminal jurisdiction of the state.

Article 27 (irrelevance of public qualification)
The International Criminal Court Regulations, regardless of their public qualifications,
It applies equally to all.
Even heads of State, lawmakers, public officials are not exempt
from criminal liability based on the regulations.

My information *************************************************

It is published in the following program.
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

Yasuhiro Nagano


For uncertainties, please contact us!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

*****************************************************************

posted by 長野トミー at 11:21| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

#MeToo 人権被害者です! 拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。 2018-05-03:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での「人道上の犯罪」 被害者を救済してください

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。

2018-05-03:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での「人道上の犯罪」 被害者を救済してください。

拝啓、私は日本人です。
日本政府による、貴国の「不法就労罪」での人権侵害被害者を救済してください。

しかし、彼らは、(入管法24の4条の4)の幇助行為が刑法の幇助罪だと言うのです。

法務大臣による在留資格取消や国外退去処分は行政処分です。

外国人に対する「在留資格取消処分」や「国外退去処分」に、刑法の幇助罪は適用できません。

それで、彼らは法の論理を逸脱します。

私が内容虚偽の雇用契約書を外国人に提供したから、外国人は在留資格が容易に得られた。
彼らは在留資格が容易に得られたから日本に在住できた。
彼らは日本に在住できたから不法就労が出来た。
よって、彼らは「内容虚偽の雇用契約書の提供と不法就労とは明確な因果関係がある。」と言うのです。

まったく、クレイジーです。続きます。

各国政府は日本政府より人権侵害を受けた自国民の救済を日本政府に求めるべきです。
移民や難民を新たに受け入れるよりも、自国民の救済を優先すべきです。
私はそのためにメールを差し上げています。貴国にも被害者はたくさんいます。

記者の皆様、正義をもって私や世界の被害者を支援してください。。

日本国職員による、「不法就労罪」での人道上の犯罪です。
日本法だけでなく国際法違反です。資料は下記にあります。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

資料だけでは不明です。お問合せをしてください。
#MeToo 人権被害者を救済してください。
敬具 長野恭博

メディアへお願い ******************************************

この人道上の犯罪は、北朝鮮による日本人拉致犯罪よりも酷い犯罪です。
日本政府関係者の信じられない、「適用法違反の人道上の犯罪」を、貴メディアで紹介してください!
貴方のの正義ある行動が、地球上からテロ犯罪をなくすことにつながります!

国際刑事裁判所:
日本は2007年10月1日正式に105ヵ国目の締約国となっている。
ローマ規程およびその協力法は、国内法において2007年10月1日に発効した。

国際刑事裁判所に関するローマ規程
当事件は下記に該当します。当事件は2010年に発生しています。
第七条 人道に対する犯罪
(e) 国際法の基本的な規則に違反する拘禁その他の身体的な自由の著しいはく奪

前文・第1条(裁判所)
国際刑事裁判所は国家の刑事裁判権を補完する。

第27条(公的資格の無関係性)
国際刑事裁判所規程は、その公的資格に関りなく、
すべての者に平等に適用される。
国家元首や議員、公務員であっても、規程に基づく刑事責任から免除されない。


私の情報 ***************************************************

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博


不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

********************************************************************

posted by 長野トミー at 09:34| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#MeToo 人権被害者です! 拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。 2018-05-03:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での「人道上の犯罪」 被害者を救済してください

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。

2018-05-03:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での「人道上の犯罪」 被害者を救済してください。

拝啓、私は日本人です。
日本政府による、貴国の「不法就労罪」での人権侵害被害者を救済してください。

しかし、彼らは、(入管法24の4条の4)の幇助行為が刑法の幇助罪だと言うのです。

法務大臣による在留資格取消や国外退去処分は行政処分です。

外国人に対する「在留資格取消処分」や「国外退去処分」に、刑法の幇助罪は適用できません。

それで、彼らは法の論理を逸脱します。

私が内容虚偽の雇用契約書を外国人に提供したから、外国人は在留資格が容易に得られた。
彼らは在留資格が容易に得られたから日本に在住できた。
彼らは日本に在住できたから不法就労が出来た。
よって、彼らは「内容虚偽の雇用契約書の提供と不法就労とは明確な因果関係がある。」と言うのです。

まったく、クレイジーです。続きます。

各国政府は日本政府より人権侵害を受けた自国民の救済を日本政府に求めるべきです。
移民や難民を新たに受け入れるよりも、自国民の救済を優先すべきです。
私はそのためにメールを差し上げています。貴国にも被害者はたくさんいます。

記者の皆様、正義をもって私や世界の被害者を支援してください。。

日本国職員による、「不法就労罪」での人道上の犯罪です。
日本法だけでなく国際法違反です。資料は下記にあります。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

資料だけでは不明です。お問合せをしてください。
#MeToo 人権被害者を救済してください。
敬具 長野恭博

メディアへお願い ******************************************

この人道上の犯罪は、北朝鮮による日本人拉致犯罪よりも酷い犯罪です。
日本政府関係者の信じられない、「適用法違反の人道上の犯罪」を、貴メディアで紹介してください!
貴方のの正義ある行動が、地球上からテロ犯罪をなくすことにつながります!

国際刑事裁判所:
日本は2007年10月1日正式に105ヵ国目の締約国となっている。
ローマ規程およびその協力法は、国内法において2007年10月1日に発効した。

国際刑事裁判所に関するローマ規程
当事件は下記に該当します。当事件は2010年に発生しています。
第七条 人道に対する犯罪
(e) 国際法の基本的な規則に違反する拘禁その他の身体的な自由の著しいはく奪

前文・第1条(裁判所)
国際刑事裁判所は国家の刑事裁判権を補完する。

第27条(公的資格の無関係性)
国際刑事裁判所規程は、その公的資格に関りなく、
すべての者に平等に適用される。
国家元首や議員、公務員であっても、規程に基づく刑事責任から免除されない。


私の情報 ***************************************************

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博


不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

********************************************************************

posted by 長野トミー at 09:34| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

#MeToo 人権被害者です! 拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。 2018-05-02:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での「人道上の犯罪」 被害者を救済してください。

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。

2018-05-02:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での「人道上の犯罪」 被害者を救済してください。

拝啓、私は日本人です。
日本政府による、貴国の「不法就労罪」での人権侵害被害者を救済してください。

外国人の不法就労は入管法「不法就労罪(70条)」で刑事処分します。

不法就労は、不法就労させる雇用者がいるから不法就労できるのです。

それで入管法は、雇用者を不法就労助長罪(73の2条)で平等に処分しています。

しかし、彼らは雇用者を(73の2条)で刑事処分しません。

それで、この事件では、彼らは話をすり替ます。彼らは話を飛躍させます。

彼らは不法就労とは関係がない「外国人のした在留資格取得の違反」を指摘します。

入管法では、外国人が虚偽の書類を提出して在留資格を取得して日本に在住した時は、
「在留資格取消」(入管法24の4条の4)の規定で処分されます。

その処分は法務大臣による、付与した在留資格の取消、そして国外退去です。

刑事処分が無いことは理解できますか?続きます。

各国政府は日本政府より人権侵害を受けた自国民の救済を日本政府に求めるべきです。
移民や難民を新たに受け入れるよりも、自国民の救済を優先すべきです。
私はそのためにメールを差し上げています。貴国にも被害者はたくさんいます。

記者の皆さま、正義をもって私や世界の被害者を救済してください。

日本国職員による、「不法就労罪」での人道上の犯罪です。
日本法だけでなく国際法違反です。資料は下記にあります。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

資料だけでは不明です。お問合せをしてください。
#MeToo 人権被害者を救済してください。
敬具 長野恭博


メディアへお願い ******************************************

この人道上の犯罪は、北朝鮮による日本人拉致犯罪よりも酷い犯罪です。
日本政府関係者の信じられない、「適用法違反の人道上の犯罪」を、貴メディアで紹介してください!
貴方のの正義ある行動が、地球上からテロ犯罪をなくすことにつながります!

国際刑事裁判所:
日本は2007年10月1日正式に105ヵ国目の締約国となっている。
ローマ規程およびその協力法は、国内法において2007年10月1日に発効した。

国際刑事裁判所に関するローマ規程
当事件は下記に該当します。当事件は2010年に発生しています。
第七条 人道に対する犯罪
(e) 国際法の基本的な規則に違反する拘禁その他の身体的な自由の著しいはく奪

前文・第1条(裁判所)
国際刑事裁判所は国家の刑事裁判権を補完する。

第27条(公的資格の無関係性)
国際刑事裁判所規程は、その公的資格に関りなく、
すべての者に平等に適用される。
国家元首や議員、公務員であっても、規程に基づく刑事責任から免除されない。


私の情報 ***************************************************

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博


不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

********************************************************************
posted by 長野トミー at 08:29| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする