2018年05月10日

拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。 2018-05-10:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での 「人道上の犯罪」 被害者を救済してください。

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!



拝啓、私は日本人です。日本政府による、
貴国の「不法就労罪」での人権侵害被害者を救済してください。

今日は、混乱の原因となる、不法な処罰を書きます。

2.外国人を「罰金刑」でなく「懲役3年」と「罰金刑」で刑事処分して国外退去させたのです。

外国人だけを「懲役3年」で正式に刑事処分すると目立ちます。

入管法は不法就労の幇助罪として、入管法73-2条(不法就労を幇助した罰)を規定していますが、
検察官はこの法律を無視します。検察官は代わりに、刑法の幇助罪を使います。

理由として、検察官は入管法の22-4-4(虚偽の書類提出)に対する幇助行為を使うのです。

彼らは中国人の入管法の22-4-4(虚偽の書類提出)に対して、
彼らはその幇助行為があったから、
中国人は日本に在留できた。彼らは日本に在留できたから不法就労が出来たのだと言うのです。

これが、問題なのです。彼らは不法就労に対する適用法を恣意的に間違えています。

不法就労の幇助に対して、明らかに適用法違反ですが、検察は認めません。

これでは、法の下での統治とは言えません。続きます。

各国政府は日本政府より人権侵害を受けた自国民の救済を日本政府に求めるべきです。
移民や難民を新たに受け入れるよりも、自国民の救済を優先すべきです。

私はそのためにメールを差し上げています。貴国にも被害者はたくさんいます。

記者の皆様、正義をもって私や世界の被害者を支援してください。

日本国職員による、「不法就労罪」での人道上の犯罪です。
日本法だけでなく国際法違反です。資料は下記にあります。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

資料だけでは不明です。お問合せをしてください。
#MeToo 人権被害者を救済してください。
敬具 長野恭博


私の情報 ***************************************************

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博


不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

********************************************************************



#MeToo Human rights victim!


Dear Sirs Everyone in the international society's media is today's email.

2018-05-10: Please remedy the victims of "humanitarian crime"
in illegal "violation of immigration law" by government officials in Japan.


Dear Sirs, I am Japanese. Please rescue the victims of human rights abuses
in your country's "illegal work" by the Japanese government.

Today I will write illegal punishment that will cause confusion.

2. Foreigners were criminalized under "imprisonment three years"
and "fine punishment" instead of "fine punishment" and made them leave the country.

It is conspicuous when officially criminalizing only foreigners "in prison 3 years".

The Immigration Control Act stipulates Article 73-2 of the Immigration Act
(punishment that aided illegal work) as an aid for illegal employment,
Prosecutors ignore this law.

Prosecutors will use the criminal assistance criminal law instead.

As a reason, the prosecutor uses assistance acts against 22-4-4
(submission of false documents) of Immigration Control Act.

They responded to the Chinese immigration law 22-4-4 (false document submission)
Because they had that assistance act,
Chinese were able to stay in Japan.

They say that they were able to stay in Japan so they could work illegally.

This is a problem.
They are arbitrarily misunderstanding the application law against illegal employment.

Although it is obviously in violation of the applicable law against the aid of illegal work,
the prosecution will not accept it.

It can not be said that governance under the law is this. Continue.

Governments of each country should ask the Japanese government to rescue their citizens
who have suffered human rights violations by the Japanese government.

Rather than newly accepting immigrants and refugees,
the people's relief should be given priority.

I am e-mailing for that.
There are also many victims in your country.

Reporters, please support me and the victims of the world with justice.


It is a humanitarian crime under "illegal worker's crime"
by Japanese officials. Not only Japanese law but international law violation.
The material is below.

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

It is unknown only with materials. Please contact us.
#MeToo Please remedy human rights victims.
Sincerely yours, Yasuhiro Nagano


Request to media ******************************************

This humanitarian crime is a more severe crime than a Japanese abduction crime by North Korea.
Please introduce the unbelievable "humanitarian crime of application law violation" of the officials of the Japanese government with your media!
Your justice action will lead to the elimination of terror crime from the earth!

International Criminal Court:
Japan officially became a Party of 105 countries on October 1, 2007.
The Rome Statute and its cooperation law came into force on October 1, 2007 under domestic law.

Rome Statute on the International Criminal Court
This case falls under the following case. This incident occurred in 2010.
Article 7 Crimes against humanity
(E) significant deprivation of detention and other physical freedoms
in violation of the basic rules of international law

Preamble · Article 1 (Court)
The International Criminal Court complements the criminal jurisdiction of the state.

Article 27 (irrelevance of public qualification)
The International Criminal Court Regulations, regardless of their public qualifications,
It applies equally to all.
Even heads of State, lawmakers, public officials are not exempt
from criminal liability based on the regulations.

My information *************************************************

It is published in the following program.
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

Yasuhiro Nagano


For uncertainties, please contact us!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

*****************************************************************

posted by 長野トミー at 09:10| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。 2018-05-10:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での 「人道上の犯罪」 被害者を救済してください。

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!





拝啓、私は日本人です。日本政府による、
貴国の「不法就労罪」での人権侵害被害者を救済してください。

今日は、混乱の原因となる、不法な処罰を書きます。

2.外国人を「罰金刑」でなく「懲役3年」と「罰金刑」で刑事処分して国外退去させたのです。

外国人だけを「懲役3年」で正式に刑事処分すると目立ちます。

入管法は不法就労の幇助罪として、入管法73-2条(不法就労を幇助した罰)を規定していますが、
検察官はこの法律を無視します。検察官は代わりに、刑法の幇助罪を使います。

理由として、検察官は入管法の22-4-4(虚偽の書類提出)に対する幇助行為を使うのです。

彼らは中国人の入管法の22-4-4(虚偽の書類提出)に対して、
彼らはその幇助行為があったから、
中国人は日本に在留できた。彼らは日本に在留できたから不法就労が出来たのだと言うのです。

これが、問題なのです。彼らは不法就労に対する適用法を恣意的に間違えています。

不法就労の幇助に対して、明らかに適用法違反ですが、検察は認めません。

これでは、法の下での統治とは言えません。続きます。

各国政府は日本政府より人権侵害を受けた自国民の救済を日本政府に求めるべきです。
移民や難民を新たに受け入れるよりも、自国民の救済を優先すべきです。

私はそのためにメールを差し上げています。貴国にも被害者はたくさんいます。

記者の皆様、正義をもって私や世界の被害者を支援してください。

日本国職員による、「不法就労罪」での人道上の犯罪です。
日本法だけでなく国際法違反です。資料は下記にあります。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

資料だけでは不明です。お問合せをしてください。
#MeToo 人権被害者を救済してください。
敬具 長野恭博


私の情報 ***************************************************

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博


不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

********************************************************************



#MeToo Human rights victim!


Dear Sirs Everyone in the international society's media is today's email.

2018-05-10: Please remedy the victims of "humanitarian crime"
in illegal "violation of immigration law" by government officials in Japan.


Dear Sirs, I am Japanese. Please rescue the victims of human rights abuses
in your country's "illegal work" by the Japanese government.

Today I will write illegal punishment that will cause confusion.

2. Foreigners were criminalized under "imprisonment three years"
and "fine punishment" instead of "fine punishment" and made them leave the country.

It is conspicuous when officially criminalizing only foreigners "in prison 3 years".

The Immigration Control Act stipulates Article 73-2 of the Immigration Act
(punishment that aided illegal work) as an aid for illegal employment,
Prosecutors ignore this law.

Prosecutors will use the criminal assistance criminal law instead.

As a reason, the prosecutor uses assistance acts against 22-4-4
(submission of false documents) of Immigration Control Act.

They responded to the Chinese immigration law 22-4-4 (false document submission)
Because they had that assistance act,
Chinese were able to stay in Japan.

They say that they were able to stay in Japan so they could work illegally.

This is a problem.
They are arbitrarily misunderstanding the application law against illegal employment.

Although it is obviously in violation of the applicable law against the aid of illegal work,
the prosecution will not accept it.

It can not be said that governance under the law is this. Continue.

Governments of each country should ask the Japanese government to rescue their citizens
who have suffered human rights violations by the Japanese government.

Rather than newly accepting immigrants and refugees,
the people's relief should be given priority.

I am e-mailing for that.
There are also many victims in your country.

Reporters, please support me and the victims of the world with justice.


It is a humanitarian crime under "illegal worker's crime"
by Japanese officials. Not only Japanese law but international law violation.
The material is below.

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

It is unknown only with materials. Please contact us.
#MeToo Please remedy human rights victims.
Sincerely yours, Yasuhiro Nagano


Request to media ******************************************

This humanitarian crime is a more severe crime than a Japanese abduction crime by North Korea.
Please introduce the unbelievable "humanitarian crime of application law violation" of the officials of the Japanese government with your media!
Your justice action will lead to the elimination of terror crime from the earth!

International Criminal Court:
Japan officially became a Party of 105 countries on October 1, 2007.
The Rome Statute and its cooperation law came into force on October 1, 2007 under domestic law.

Rome Statute on the International Criminal Court
This case falls under the following case. This incident occurred in 2010.
Article 7 Crimes against humanity
(E) significant deprivation of detention and other physical freedoms
in violation of the basic rules of international law

Preamble · Article 1 (Court)
The International Criminal Court complements the criminal jurisdiction of the state.

Article 27 (irrelevance of public qualification)
The International Criminal Court Regulations, regardless of their public qualifications,
It applies equally to all.
Even heads of State, lawmakers, public officials are not exempt
from criminal liability based on the regulations.

My information *************************************************

It is published in the following program.
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

Yasuhiro Nagano


For uncertainties, please contact us!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

*****************************************************************

posted by 長野トミー at 09:08| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。 2018-05-09:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での 「人道上の犯罪」 被害者を救済してください。


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!




拝啓、私は日本人です。日本政府による、
貴国の「不法就労罪」での人権侵害被害者を救済してください。

やはり、読者は混乱していますね!

私が言いたいことは2つです。もう一度言います。

1.中国人4人がそれぞれ、入管法違反の在留資格外の不法就労をしました。
これは犯罪です。

しかし、中国人を不法就労させた雇用者は入管法73-2条
(不法就労を幇助した罪)で処罰されません。

検察官に「裁量権」がありますが、不当な扱いです。

不法就労は、働くものと雇用する者がいて成立します。

それで入管法は両者を処罰しているのです。

検察官は雇用者を処罰しないのであれば、
働いた外国人も処罰しないのが法の下の平等です。

恣意的に、外国人だけを処罰するのは国際法違反です。

通常、検察官は外国人に対して「罰金刑」の刑事処分を科して、
国外退去させますが、明らかに国際法違反です。

1番めをご理解ください。明日、混乱の原因となる2番目を書きます。


各国政府は日本政府より人権侵害を受けた自国民の救済を日本政府に求めるべきです。

移民や難民を新たに受け入れるよりも、自国民の救済を優先すべきです。

私はそのためにメールを差し上げています。貴国にも被害者はたくさんいます。

ICCの皆様、正義をもって私や世界の被害者を救済してください。

日本国職員による、「不法就労罪」での人道上の犯罪です。
日本法だけでなく国際法違反です。資料は下記にあります。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

資料だけでは不明です。お問合せをしてください。
#MeToo 人権被害者を救済してください。
敬具 長野恭博


私の情報 ***************************************************

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博


不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

********************************************************************

posted by 長野トミー at 08:36| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。 2018-05-08:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での 「人道上の犯罪」 被害者を救済してください。


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


拝啓、私は日本人です。
日本政府による、貴国の「不法就労罪」での人権侵害被害者を救済してください。

この事件は、中国人がした不法就労の事件です。

通常は、中国人だけを恣意的に、入管法70条(不法就労罪)で罰金刑として刑事処分します。
そして、国外退去です。

法の下の平等に反しますが、
彼らは雇用者を入管法73の2条(不法就労を助長した罪)で刑事処分しません。

この事件では、雇用者に代わる第3者を、
入管法73の2条(不法就労を助長した罪)でなく、刑法の幇助罪で刑事処分したのです。

それで、彼らは入管法73ー2条(不法就労を助長した罪)でなく、
彼らは別の幇助者をでっち上げたので、
彼らは中国人を入管法70条の不法就労罪で懲役刑にしたのです。

彼らは両者を平等に処罰したので国際法に違反しないとしたのです。

でもクレイジーでしょう!

彼らは入管法22-4-4(虚偽の書類提出)の幇助者を、
彼らは入管法70条に対する刑法の幇助罪としたのです。続きます。


各国政府は日本政府より人権侵害を受けた自国民の救済を日本政府に求めるべきです。

移民や難民を新たに受け入れるよりも、自国民の救済を優先すべきです。
私はそのためにメールを差し上げています。貴国にも被害者はたくさんいます。

ICCの皆様、正義をもって私や世界の被害者を救済してください。

日本国職員による、「不法就労罪」での人道上の犯罪です。
日本法だけでなく国際法違反です。資料は下記にあります。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

資料だけでは不明です。お問合せをしてください。
#MeToo 人権被害者を救済してください。
敬具 長野恭博


メディアへお願い ******************************************

この人道上の犯罪は、北朝鮮による日本人拉致犯罪よりも酷い犯罪です。
日本政府関係者の信じられない、「適用法違反の人道上の犯罪」を、貴メディアで紹介してください!
貴方のの正義ある行動が、地球上からテロ犯罪をなくすことにつながります!

国際刑事裁判所:
日本は2007年10月1日正式に105ヵ国目の締約国となっている。
ローマ規程およびその協力法は、国内法において2007年10月1日に発効した。

国際刑事裁判所に関するローマ規程
当事件は下記に該当します。当事件は2010年に発生しています。
第七条 人道に対する犯罪
(e) 国際法の基本的な規則に違反する拘禁その他の身体的な自由の著しいはく奪

前文・第1条(裁判所)
国際刑事裁判所は国家の刑事裁判権を補完する。

第27条(公的資格の無関係性)
国際刑事裁判所規程は、その公的資格に関りなく、
すべての者に平等に適用される。
国家元首や議員、公務員であっても、規程に基づく刑事責任から免除されない。


私の情報 ***************************************************

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博


不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

********************************************************************

posted by 長野トミー at 08:59| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。 2018-05-07:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での 「人道上の犯罪」 被害者を救済してください。

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!




拝啓、私は日本人です。日本政府による、
貴国の「不法就労罪」での人権侵害被害者を救済してください。

この事件の犯罪人は、警察官、検察官、裁判官の特別公務員です。

事件は中国人が入管法違反(在留資格外の活動)を行い、
逮捕、捜査、裁判においておきた犯罪です。

起訴状には、入管法22-4条の4(虚偽の書類提出)が記載されています。

入管法22-4条の4(虚偽の書類提出)に規定する行為とその幇助行為は
法務大臣による国外退去の行政処分です。刑事罰ではありません。

入管法22-4条の4(虚偽の書類提出)において、
その書類の作成などで幇助行為をした外国人は日本から国外退去です。(2010年7月1日より)

先に、入管法22-4条の4(虚偽の書類提出)を理解すれば、この犯罪の手口がわかります。

不法就労と入管法22-4条の4(虚偽の書類提出)は関係ありません。

入管法違反事件で、中国人4名は在留を許可された資格外の活動により、
彼らは入管法70条「不法就労罪」の犯罪者とされた。


しかし不法就労させた雇用者(飲食店)が、
入管法「不法就労を助長する罪」(73の2条)で、何ら処罰されていない。

したがって法の下での平等により、
恣意的に外国人だけを「不法就労罪」で処罰できません。続きます。

複雑になる前に、以上のことを理解してください。

記者の皆様、正義をもって私や世界の被害者を支援してください。

日本国職員による、「不法就労罪」での人道上の犯罪です。
日本法だけでなく国際法違反です。資料は下記にあります。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

資料だけでは不明です。お問合せをしてください。
#MeToo 人権被害者を救済してください。
敬具 長野恭博


私の情報 ***************************************************

国際刑事裁判所:
日本は2007年10月1日正式に105ヵ国目の締約国となっている。
ローマ規程およびその協力法は、国内法において2007年10月1日に発効した。

国際刑事裁判所に関するローマ規程
当事件は下記に該当します。当事件は2010年に発生しています。
第七条人道に対する犯罪
(e)国際法の基本的な規則に違反する拘禁その他の身体的な自由の著しいはく奪

前文・第1条(裁判所)
国際刑事裁判所は国家の刑事裁判権を補完する。

第27条(公的資格の無関係性)
国際刑事裁判所規程は、その公的資格に関りなく、
すべての者に平等に適用される。
国家元首や議員、公務員であっても、規程に基づく刑事責任から免除されない。


長野恭博


不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

***
posted by 長野トミー at 08:33| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする