2020年08月11日

【女子高生が7年間監禁・妊娠。息子と共に外界へ!! 】 新潟の事件でも解放後も被害者が苦労したそうです

【女子高生が7年間監禁・妊娠。息子と共に外界へ!! 】
新潟の事件でも解放後も被害者が苦労したそうです


傷ついた心は直ぐにはもらないんだな。インタビュアーも真実を追い求めるのはいいが、相手の気持ちを考えない質問するのもどうかと思う。人間にはわかっていても、直ぐには行動に移せない弱さがあるだろ。
監禁されたショック、奪われた7年間、周りにいた友人は7年間を普通に過ごしているという事実、親に受け入れられて貰えない悲しみ、こうすべきああすべきではと他人が思っていること、愛する息子は憎き男との子だということ、いくらぶつけても吐き出しても有り余る怒りと苦しみ。
やっと外を出られたけど、自殺を図るほど追い詰められる。でも7年間の監禁生活の中で子どもを見捨てず心から愛した彼女は間違いなく素晴らしいママ。

【映画紹介】ルーム
7年間監禁された女性と、そこで生まれ育った息子が、断絶された外界へと脱出し、社会へと適応していく過程を描いた物語。

監督:レニー・アブラハムソン
主演:ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ


シェア元タイトル
【映画紹介】女子高生が7年間監禁・妊娠。息子と共に外界へ!! 『ルーム』
シェア画像動画URL
https://youtu.be/vDQx121GGDQ
シェアURL


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

###


::: !
&&&
★起訴状をみてください。訴因 と適用法がすり替わっています。1)日本語の原文は http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf   2)私の翻訳は http://www.miraico.jp/crime/g5-Indictment-against-Nagano-Kin.pdf  文末に「茶色」で私のコメントを書いています。このコメントを読んでいただければ、理解できます。「入管法」は http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4  
★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「日本国の人権侵害 北朝鮮より酷い拉致監禁」 詳しくは、https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e

posted by 長野トミー at 05:39| Comment(0) | 思い出 いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください