2020年07月16日

【『阿部定 ~最後の七日間~』】吉蔵の死とその死体からペニスを切り取るに至る経緯が語られていく

【『阿部定 ~最後の七日間~』】吉蔵の死とその死体からペニスを切り取るに至る経緯が語られていく


昭和11年5月、日本中を震撼させた「阿部定事件」。それは、住み込み女中をしていた阿部定(麻美ゆま)が、勤め先の料亭の主人・石田吉蔵(松田信行)を殺害し、さらに局部を切り取ったというものである。犯行に関して肯定も否定もしない、阿部定の供述に苛立つ刑事・浦川(菅田俊)。そして、浦川の執拗な訊問から、
吉蔵の死とその死体からペニスを切り取るに至る経緯が語られていく。常軌を逸した快楽に溺れた男と女のすさまじい愛欲の果て、二人が見たものとは......
事件後の定の取り調べと、定と吉蔵の「最後の七日間」を克明に描き出すことで、誰も目にしたことのない阿部定の物語が今ここに!監督・愛染恭子×主演・麻美ゆまの最強のコンビが放つ、官能の話題作!!

安部定だって慶大生に犯されて無かったら、普通の女性で結婚生活できた。この時代の背景には処女で嫁に行くと云う風潮が強い時代だからこうなってしまったのだろう。 でも板前には本気で惚れてたのは判ります。

シェア元タイトル
Vシネ『阿部定 ~最後の七日間~』予告 麻美ゆま オールインエンタテインメント
シェア画像動画URL
https://youtu.be/ZAJT_nMHRFw
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

###


::: !
&&&
★起訴状をみてください。訴因 と適用法がすり替わっています。1)日本語の原文は http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf   2)私の翻訳は http://www.miraico.jp/crime/g5-Indictment-against-Nagano-Kin.pdf  文末に「茶色」で私のコメントを書いています。このコメントを読んでいただければ、理解できます。「入管法」は http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4  
★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「日本国の人権侵害 北朝鮮より酷い拉致監禁」 詳しくは、https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e


posted by 長野トミー at 06:01| Comment(0) | 思い出 いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください