2020年05月12日

【中国人研究者が生体サンプルを窃盗 米国当局が空港で拘束 】 世界的に見れば、これは氷山の一角だろう。 日本やヨーロッパでは、やりたい放題だ。

【中国人研究者が生体サンプルを窃盗 米国当局が空港で拘束 】
世界的に見れば、これは氷山の一角だろう。 日本やヨーロッパでは、やりたい放題だ。




米国当局はこのほど、米国の医療機関から盗んだ生体材料を違法に国外へ持ち出そうとした中国人研究者を空港で拘束しました。 #窃盗

容疑者は広州中山大学博士課程の29歳の鄭竃松(てい・そうしょう)で、大学では主に膀胱がんと腎臓がんの研究を行い、最近は米国のベス・イスラエル・ディコネス・メディカルセンターで研究に携わっていました。

米国連邦捜査局(FBI)のカーラ・スパイク氏は「今年12月9日、鄭竃松がジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港から北京行の飛行機に搭乗しようとしていたところ、米国税関・国境警備局(CBP)の専門家が、鄭竃松が『未申告の生体材料』を密かに所持していると判断した。CBP職員が鄭竃松の荷物を直ちに調べたところ、ビニール袋に入った茶色の液体21本が、靴下の中に隠されているのを発見した」と発表しています。

CBP職員が鄭竃松の搭乗前に、生体材料を所持していないかどうか質問したところ、鄭竃松はこれを否定しました。しかし液体が発見されると、これらは研究とは無関係だと発言を翻し、さらにこれらは友人の陶章(とうしょう)からもらったもので、これらを使う予定はないと主張しました。しかし最終的には陶章の研究に基づきこれらを無断で複製し、さらにベス・イスラエル・ディコネス・メディカルセンターから8本の液体を盗んだことも認めました。

FBI捜査員は、鄭竃松は最終的に、帰国後に盗んだこれらの液体を使って研究を進め、成功したら自身の名前で論文を発表するつもりだったと供述していると発表しています。
鄭竃松は虚偽の発言を行った容疑で拘束されており、液体の成分は鑑定中です。

シェア元タイトル
中国人研究者が生体サンプルを窃盗 米国当局が空港で拘束
シェア画像動画URL
https://youtu.be/A1rocaYZop8
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2020年05月05日は 立夏 (りっか)、この日から立秋の前日までが夏。野山に新緑に彩られ、夏の気配が感じられるようになる。かえるが鳴き始め、竹の子が生えてくる頃。


::: !
&&&
★起訴状をみてください。訴因 と適用法がすり替わっています。1)日本語の原文は http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf   2)私の翻訳は http://www.miraico.jp/crime/g5-Indictment-against-Nagano-Kin.pdf  文末に「茶色」で私のコメントを書いています。このコメントを読んでいただければ、理解できます。「入管法」は http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4  
★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「他人の不幸は蜜の味」「愛は世界の民を救う」 詳しくは、http://oyazimirai.hatenadiary.jp/


posted by 長野トミー at 05:27| Comment(0) | 思い出 いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください