2020年02月13日

【温泉宿で割引 化粧品店“ノータッチ”対策追われる 】 クーポン発行してみんなで集まって感染しようってやつやな!なるほど!

【温泉宿で割引 化粧品店“ノータッチ”対策追われる 】
クーポン発行してみんなで集まって感染しようってやつやな!なるほど!


新型コロナウイルスへの不安が高まるなか、
お客さんと直接、触れる機会が多い化粧品のお店などが対策に追われています。

 岐阜県内の宿泊施設を予約するサイトですが、6日から5000円分の割引クーポンの発行が始まりました。
 温泉シーズンなのに5000円も割引。なんと太っ腹なのでしょう。
 実はこれも新型コロナウイルスの影響だといいます。これは一体・・・。
 早速、電話で取材したのは日本三名泉「下呂温泉」。
 こちらの温泉街では、約40カ所の旅館で中国人団体客などの約3000人の予約がキャンセルになったといいます。
 この危機的な状況に岐阜県では、600軒以上の宿泊施設を対象に午前10時から割引クーポンを発行したのです。
 5000円の割引クーポンの効果はすぐに表れ、用意した600枚は開始から約3時間ですぐに終了しました。
 接触による感染が恐れられるなか、企業などではノータッチでの対策が続々と登場。
 都内の化粧品店の客足は減るばかり。通常は客の顔に直接触って化粧方法をアドバイスします。
 そこで今回、肌にはノータッチのアドバイスに変更。
 客自身にメイクしてもらい化粧の方法をアドバイスすることになりましたが、なかなか口頭では伝わりづらいようで・・・。
 一方、対面が基本の企業の面談もノータッチに。都内の大手人材サービスを行う会社では、もともと地方の学
 
シェア元タイトル
温泉宿で割引 化粧品店“ノータッチ”対策追われる(20/02/06)
シェア画像動画URL
https://youtu.be/s5Q3HFtVhe0
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2020年02月04日は 立春(りっしゅん)、旧暦ではこの日がが1年の始めとされていたため、決まり事や季節の節目はこの日が起点になっています。この日から春になります。梅の花が咲き始め、徐々に暖かくなり、春の始まりとなります。


2020チャリティーコンサート「川井郁子ヴァイオリンの調べ 」日時2020年2月22日(土)開場15:000 開演16:00 場所 埼玉会館 大ホール 料金 指定席 3,500円 自由席3,000円(当日)各500円プラス お問い合わせ 障がい者居宅支援事業所「さんごじゅうご」048-837-4546 「ともに生きる会」 !
http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_1271843.html
★起訴状をみてください。訴因 と適用法がすり替わっています。1)日本語の原文は http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf   2)私の翻訳は http://www.miraico.jp/crime/g5-Indictment-against-Nagano-Kin.pdf  文末に「茶色」で私のコメントを書いています。このコメントを読んでいただければ、理解できます。「入管法」は http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4  
★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「他人の不幸は蜜の味」「愛は世界の民を救う」 詳しくは、http://oyazimirai.hatenadiary.jp/


posted by 長野トミー at 06:28| Comment(0) | 思い出 いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください