2019年12月19日

【思い出 刑事コロンボ】ヘンリー・マンシーニ 中盤のペットのソロに人生の深みを感じさせてしまう。

【思い出 刑事コロンボ】ヘンリー・マンシーニ
中盤のペットのソロに人生の深みを感じさせてしまう。



「別れのワイン」もいいけど、「忘れられたスター」でのコロンボの優しさも見逃せないですね。
余命いくばくもない犯人を庇う男との会話
『あんたの証言なんかすぐにひっくり返されますよぉ?』
『頑張り通して見せる!2ヶ月間は!』
男の目をじっと見つめたコロンボ、やや間を置いて
『そぅお……(微笑んで)それもいいね』
そしてその男をあえて連行するコロンボ……。
そんなところが警部(警部補)以上に出世できない理由だ(当然失点になるので)、
なんてファンの間では言われてましたね。

あと、とくに初期にはほとんどの事件で、
犯行を見破られた犯人はコロンボの知力に脱帽したように、
潔い引き際を見せる。時には肩の荷が下りた、といった感じで。
コロンボの方も得意そうにするでもなく、さぞ苦しかったでしょ、
と気遣ったりする。ゲストが毎度毎度大物俳優なのもあって、
それがまたよく似合って、視聴者が気持ちのいいエンディングを迎えられる、
素敵な作品でしたね。

シェア元タイトル
刑事コロンボ/ヘンリー・マンシーニ
シェア画像動画URL
https://youtu.be/j3W7C0kC6nw
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年12月22日は 冬至(とうじ)、冬至は一年で最も日照時間が短い日です。


2020チャリティーコンサート「川井郁子ヴァイオリンの調べ 「ともに生きる会」 お越しください
http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_1271843.html
★起訴状をみてください。訴因 と適用法がすり替わっています。1)日本語の原文は http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf   2)私の翻訳は http://www.miraico.jp/crime/g5-Indictment-against-Nagano-Kin.pdf  文末に「茶色」で私のコメントを書いています。このコメントを読んでいただければ、理解できます。「入管法」は http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4  
★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「他人の不幸は蜜の味」「愛は世界の民を救う」 詳しくは、http://oyazimirai.hatenadiary.jp/

posted by 長野トミー at 06:15| Comment(0) | 思い出 いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください