2019年12月17日

【大山捨松の生涯 ~その情熱と志~津田梅子!!!!!】 明治、大正、昭和初期の時代には多くの気骨ある人物がいた。

【大山捨松の生涯 ~その情熱と志~津田梅子!!!!!】
明治、大正、昭和初期の時代には多くの気骨ある人物がいた。




今日のていたらくの政治、官僚にはあきれるばかりだ。
明治維新から、わずか4年後の1871年。
5人の少女がアメリカに渡った。その中に当時12歳の山川咲子、のちの大山捨松がいた。
激動の明治時代にあって初の女子留学生としてアメリカで11年間を過ごし、
日本が急激な西洋化政策をとる中、日本人女性の進むべき道を切り開き続けた女性です。
「鹿鳴館の名花」と謳われ、
日本の西洋化のためにありったけの情熱を注いだ大山捨松の生涯を紐解きます。

シェア元タイトル
大山捨松の生涯 ~その情熱と志~
シェア画像動画URL
https://youtu.be/T4Fax4k6f3A
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年12月07日は 大雪(たいせつ)、大雪とは、山の峰々は雪をかぶり、平地にも雪が降る頃です。本格的な冬の到来で、動物たちも冬ごもりを始めます。年末に向け、お正月の準備も始まって、何かとあわただしい時期でもあります。
★未来への懸け橋(ご覧ください)
http://www.miraico.jp/kakehasi/index.html
★起訴状をみてください。訴因 と適用法がすり替わっています。1)日本語の原文は http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf   2)私の翻訳は http://www.miraico.jp/crime/g5-Indictment-against-Nagano-Kin.pdf  文末に「茶色」で私のコメントを書いています。このコメントを読んでいただければ、理解できます。「入管法」は http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4  
★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「他人の不幸は蜜の味」「愛は世界の民を救う」 詳しくは、http://oyazimirai.hatenadiary.jp/


posted by 長野トミー at 06:03| Comment(0) | 思い出 いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください