2019年05月30日

【思い出 禁じられた遊び】Romance de Amor 人間の優しさを戦争というものが奪っていた時代。

【思い出 禁じられた遊び】Romance de Amor
人間の優しさを戦争というものが奪っていた時代。



生まれて初めて映画館で観た映画です。
まだ小学3年生だった私は父の趣味に付き合わされた格好で、
まあ寝とけ❗という父の言葉とは裏腹に映画に釘付けでした!

勿論、内容を理解したわけではなく、
自分と同じ子供が大人に混ざりスクリーンの中で蠢いてることに興味津々だったからです。

音楽も素晴らしくラストのミシェール!ミシェール!
との声と共に何時までも頭の中から消えることはありませんでした。


大人になってから何度も観返しましたが、
観る度に違う感想を持ったことに驚きを禁じ得ませんでした。

芸術は自分を写し出す鏡のようなもの。
自分の理解力以上の物は見えてこない!

猿が覗けば猿しか映らないのが芸術なんだなとつくづく思い知りました!

年をとりすっかりじい様の仲間入りを致しましたが、
何故あの幼い女の子が両親が死んでも泣かなかったのか?

その都度出した答えに正解等ある筈も無いが、
今はその都度答えを出すことが正解なのかな?と考えています。

観たことさえ忘れてしまう映画も在りますが、映画に駄作は無い‼

観る側の理解力が足らないだけなんだなと感じさせてくれる
私にとっては名画中の名画です‼

シェア元タイトル
禁じられた遊び Romance de Amor
シェア画像動画URL
https://youtu.be/05kutNCA2jc
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年05月21日は 小満 (しょうまん)、立夏の次に来る節気で、暦の上ではまだ夏に入ってすぐの時期、梅雨に入る前にやってきます。程よく暑く、麦の穂が育ち、山野の草木が実をつけ始める行楽シーズンでもあります。
★今日のホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/05/POTD-May-28.jpg
※日本を法の下で統治する国にするためにホワイトハウスに毎日メールしています。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!
posted by 長野トミー at 05:32| Comment(0) | 思い出 いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください