2019年05月16日

【思い出 井上揚水】少年時代  日本らしさがここまで凝縮された歌って他にないよな

【思い出 井上揚水】少年時代 
日本らしさがここまで凝縮された歌って他にないよな



小学生の頃 夏に家族で出かける海が好きでした。
明日は、海…ワクワクして眠れず 扇風機の風に撫でられながらいつの間にか夢の中へ…。
夜中 3〜4時か5時位だったのか お袋に起こされ 寝ボケながら
目の前に作られたおむすびを頰張り、支度をしなさいと怒られながら
姉ちゃんとふざけながら支度をする。
親父の運転する車に 助手席は、お袋。カーステレオなど無かったので
ラジカセのテープから流れる音楽…。
観たこともない風景が広がり始め 窓を開けてごらんと言われ
鼻腔から入り込んできた潮の匂い…
視界に飛び込んできた真っ青な空と大きな大きな入道雲
その下に広がる どこまでも続く大海原。
ポカンと開けた口元と対照的な キラキラとそしてしっかりと見開いた姉ちゃんの両目。
今思うと そんなに高くも無かったのだろうと思う民宿。
民宿で迎えた朝、海苔やら生卵やらの朝食。
もういいよ行ってきなとお許しが出て
姉ちゃんと猛ダッシュで走り込むカンカン照りの民宿前漁港の海へザブン。
冷たかった温度まで覚えています。
何故かずっと覚えている記憶です。
そんな私も今は、40を超えています。
あの昭和の海を体感するには、僕の夏休み
海の冒険編をやるしかないのかな(苦笑)
良い曲をありがとうございました。

シェア元タイトル
少年時代 井上揚水
シェア画像動画URL
https://youtu.be/DsyhKIUS4_s
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年5月6日は【立夏 (りっか)夏の始まり。東洋暦では立夏から立秋の前日までを夏、西洋暦では夏至から秋分の前日までを夏としている。「夏の気始めて立つ」野山に新緑に彩られ、夏の気配が感じられるようになる。かえるが鳴き始め、竹の子が生えてくる頃。
★今日のホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/05/POTD-May-14-1200x800.jpg
※日本を法の下で統治する国にするためにホワイトハウスに毎日メールしています。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!
posted by 長野トミー at 05:10| Comment(0) | 思い出 いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください