2019年02月11日

【拡散】【思い出ポロポロ 連載3】No157 日中間の最大の争いは尖閣諸島(釣魚島)の領土権だと思います。中国は、尖閣諸島の領有をめぐって法的争いがあるとしているが、日本は法的な争いはないと主張している。こうした背景のもと、

【拡散】【思い出ポロポロ 連載3】No157 日中間の最大の争いは尖閣諸島(釣魚島)の領土権だと思います。中国は、尖閣諸島の領有をめぐって法的争いがあるとしているが、日本は法的な争いはないと主張している。こうした背景のもと、


第4章

日中間の最大の争いは尖閣諸島(釣魚島)の領土権だと思います。中国は、尖閣諸島の領有をめぐって法的争いがあるとしているが、日本は法的な争いはないと主張している。こうした背景のもと、法の下での統治を主張する日本政府に対抗するため、中国側は日本政府の揚げ足をとる必要があると思います。

日本政府の泣き所は、国際社会へは法の下での統治を主導するが、日本国内で、前記したように、法の下での統治がされていない事実です。

具体的には、前記した入管法にかかる日本政府のなしている、罪刑法定主義に基づかない犯罪です。不法な統治を改めるよう要求し、被害者の名誉の回復と財産権の回復そして、特別公務員の刑事処分を要求し、日本も真摯に法の下での統治を行うように、国連などの国際社会で具体的に追求し、日本側の弱みをつき、国際社会で法の下での統治の主導権を握るのが得策と思います。

私は売国奴ではありません。私は日本を愛しています。そして日本が罪刑法定主義による普通の民主国家となることを望んでいます。
また私は日中関係が友好であることを望んでいる日本国民の一人であります。

第5章

私は過去2回にわたって、中華人民共和国駐日本国大使館に、この件でお手紙をだしております。一部は下記サイトにアップされております。
眼泪总结致函日本驻华大使永华作为中国人民共和国
http://china.shichihuku.com/
しかし、なんら返答はありませんでした。
国家主席習近平閣下には、ホームページを作成して呼びかけました。
中华人民共和国习近平尊敬的总统来自日本的信
眼泪都出来了,我记得愤怒。中国也是受害者
http://namida.konjiki.jp/
また支援を求める中国語のサイトも作成しました계의사람들에게
从日本到世界各地的人们通话
在日本工作,向全世界的人们,已经受到惩罚雇用非法劳工的费用
http://soschina.client.jp/

それで、今回は、お手紙で直接、国家主席習近平閣下に請願する次第です。
この手紙が、国家主席習近平閣下に届くことを願っております。

お返事がなければ、途中で握りつぶされたものと承知して、他の方法で国家主席習近平閣下にお手紙をださせて頂きます。

また多くの韓国人が犠牲になっていますので、私は同様の請願を大韓民国朴槿恵大統領閣下にも、同時に提出します。
なお、東京地検への告訴状および告発状一式などを中華人民共和国駐日本国大使へ同時に送付いたします。

もし、この手紙が国家主席習近平閣下に届きました際は、この手紙の内容を、日本法に詳しい部下に検討させてください。起訴状の訴因(犯罪事実)と罪名をみるだけで呆れると思います。私の主張していることが正しいと言う結論であれば、詳しい話を、私より東京で聞くように部下に命じていただければ幸甚です。

私は、逃げも隠れもいたしません。パスポートのコピーを添付いたします。私は国連であろうと、どこであろうと証言に立ちます。

3月とはいえ、まだまだ寒い日々がつづきます。国家主席習近平閣下がご健勝であられることを祈念して筆をおかせて戴きます。

添付書類
私のパスポートコピー
入管法抜粋
起訴状
フィリッピン大使館の新聞記事等

中華人民共和国駐日本国永華駐日大使への送付書類
1.私のパスポートコピー
2.入管法抜粋
3.起訴状
4.フィリッピン大使館の新聞記事等
5.この請願書の副
6.東京地検への告訴状および告発状一式
7.東京地検などからの不受理理由の文書等


事件の詳細はICCへ提訴(情報提供)していますので下記をご覧ください。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

元検察官の内部告発です。日本の検察の無法状態を理解して支援してください。
https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/ae2810d4d4e8d46f296dd81756ebe793

※【思い出ポロポロ 連載1】【思い出ポロポロ 連載2】もご覧下さい
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください