2018年11月29日

【拡散】【思い出ポロポロ 連載3】No109 悪質な故意のある犯罪行為(告発事実の故意について) 第2章-4.悪質な故意のある犯罪行為(告発事実の故意について)


省略

第3章.注釈的説明

省略
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/11/POTD-November-27-2018-1200x800.jpg

8. 入国者収容所

入国者収容所は、日本の法務省の施設等機関の一つ。
主として出入国管理及び難民認定法(入管法)又はその関連法の規定に違反し
退去強制手続の対象とされた外国人を収容し、
その送還(又は放免等)までの処遇・執行を行うことを職務とする。
略称は収容所又は入管センター。

身柄拘束の目的・性格が異なるとはいえ,
「身柄を拘束する施設」である入国者収容所等においても,
その処遇の透明性を確保する必要があることから,
入国者収容所等視察委員会を設置しています。


事件の詳細はICCへ提訴(情報提供)していますので下記をご覧ください。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

元検察官の内部告発です。日本の検察の無法状態を理解して支援してください。
https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/ae2810d4d4e8d46f296dd81756ebe793

※【思い出ポロポロ 連載1】【思い出ポロポロ 連載2】もご覧下さい
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください