2018年11月22日

【思い出 夜空のトランペット/夕焼けのトランペット】 素敵なトランペットの音色に癒されました。


団塊世代です中学生の時兄貴のレコードを聞いてましたなつかしいです
もう還らない時間ですね
今を去る50年弱昔の学生時代、寮に住んでた。
寮は山裾の大学の敷地内に在った。当時バンドを組み私はギターとボーカル。
バンドのメンバーに学校からトランペットを借りて来てもらって練習中だった。
学校の楽器と言ってもセルマーのトランペットだった。さすがに凄く吹き易かった。
夜間少し離れた場所で馬場に向って此の曲を吹いてた。
気持ちが良かった。幾度も吹いた。暫くすると人影が見える。此方に遣って来る。
何と柔道部の顧問だ。馬場の向うに柔道場が在り顧問は此処の寮に住んでた。
「すまないが、・・もう満足したろ。静かにしてくれよ。
柔道部の寮生の連中が先生話に行って呉って言うんだ。」って。
其の後柔道j部の寮に招待され酒盛りが始まった。当時は頻繁に酒を飲んだよ。
其の夜は柔道部の寮に泊った。・・と言うより歩けなかった。
此の頃オランダの金メダリストヘーシンクが此の道場で練習してた。大きな人だった。

シェア元タイトル
夜空のトランペット/夕焼けのトランペット Nini.Rosso
シェア画像動画URL
https://youtu.be/y2Nt18pWEDc
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2018年11月22日は【小雪(しょうせつ)】小雪がちらつき始める頃です。木々の葉が落ち、山には初雪が舞い始める頃です。「小雪」とは、冬とは言えまだ雪はさほど多くないという意味で、冬の入口にあたります。
★ホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/11/POTD-November-20-2018-1200x800.jpg
□来たれ!月光仮面!日本の検察の無法状態を理解して支援してください
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!

posted by 長野トミー at 06:24| Comment(0) | 思い出 いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください