2018年07月31日

【思い出 大空と大地の中で!】好きだった 鶴田浩二



https://youtu.be/jpC7NU3qyDc

男の余裕で歌う鶴田浩二。映画もかっこいい。軍歌もよし。
これほど3拍子揃った男前のもてる人は、そうざらにいないだろう。
これが彼の素顔のようだ。なに食べているんだろうな。と思う私です。
とにかく締まった、心憎い顔。映画での思い出です。
このような人を引き付ける大物はそうざらにいない。歌も心が落ち着き、
いい響きで迫ってくる。俺は若い頃、鶴田浩二をこう
評価していた。今の私でも、男として共感をよぶ。すきだったあ~すきだったあ~
本当にすきだった。こんな調子の私です。もしかしたら、
あなたもですか。いい趣味をお持ちで。
人それぞれですね。斯く云う私の子も歌が聞こえるとヘッドフォンを着けて耳をふさぐのがいます。
軍隊経験ですか?飛行機の特攻隊じゃないことはそう思いますが、
整備士と云う情報がなかなかひっかっかりません。
「この愛(かな)しきもの」草柳大蔵(鶴田と同年齢で特攻隊志願者)に
軍隊経歴を少々書いています。私はこれかなと思いますけど。

あなたのHNのイメージより、三島と初めての対談の時、以下の様な対話があるんですが、
鶴田三島さんは軍隊の経験はないんですね。
三島そう、僕は戦時中、学徒動員でね、~
鶴田僕は高田浩吉オヤジの劇団で徴兵適齢期に近づくのをひやひやしながら、~
「劇団で徴兵適齢期に」と云うのは真っ赤な嘘ですよね、入団は戦後ですから。
この嘘は三島が兵役に行ってないという事への思いやりだと思います。



↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★7月23日は二十四節気で最も暑い頃とされている『大暑(たいしょ)』です。大暑は、最も暑い頃と言われますが、暑さの本番はこれからで8月上旬~中旬にかけて暑さのピークを迎えます。
◇暑さ本番ですが、徐々に秋の花に切り替わりつつあります。8月から咲きだす花 「芙蓉(ふよう)」
http://www.hana300.com/link08.html
□元検察官の内部告発です。日本の検察の無法状態を理解して支援してください。
https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/ae2810d4d4e8d46f296dd81756ebe793
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
posted by 長野トミー at 05:57| Comment(0) | 思い出 いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください