2018年07月02日

【拡散】【思い出ポロポロ 連載3】No01 中国は人民への人権侵害にこそ日本政府に抗議を!はじめに




はじめに

警視庁の警察官は、戦争中の特別高等警察官(特高)と同じです。
「桜田門(警視庁のある地名)を舐めるんじゃねえ」
「一般論で認めろ」
一般論で罪人にする警察は日本と北朝鮮くらいですか?

東京地検の検察官も、戦争中の特別高等警察官(特高)と同じです。
「私は偉いんです。認めれば罰金。認めなければ懲役刑にします」
日本の法律に違反していないのに、何を認めろと言うのですか?

戦争中の映画をみると、こうやって罪人にされたのです。

法律があっても、彼らには、法律なんてどうでもいいのです。
彼らがでっち上げた法律に従わせるだけです。

警察官、検察官、裁判官の意に沿わなければ、
簡単に犯罪人にして抹殺するのです。

中国政府のやることが気に入らなければ中国人を「犯罪人にして喧嘩をうるのです。
フィリピン政府が気に入らなければ外交官であろうと犯罪人にするのです。

人間を、逮捕、監禁し、生命、身体の自由を奪い、そして財産まで奪うのです。
それが可能なのは、国家権力を持っているからです。
彼等にとって、政府の外交官など目じゃないのです。
いつか、自衛隊をも彼らの意のままに動かすのでしょう・・・・

日本は、特別公務員によって、間違いなく軍国化しています。

日本のテレビ局や新聞社までが、戦争中の日本軍の大本営が発表する嘘偽情報を国民に垂れ流し、戦争を美化して遂行したのを真似るように、警察の発表する嘘偽情報を事実のように垂れ流すのです。

まさに日本は戦争前夜なのかもしれません。


中国は日本の首相が靖国神社を参拝すると、必ず抗議します。そして政治的には冷戦状態になります。良いことではありません。

日本人の間でも、首相の靖国参拝については賛否が二分しています。私も閣僚や国会議員の靖国神社参拝には反対です。しかし、中国や韓国が反対の抗議をすると、日本人の抗議が政治的に左寄りにとられ、日本人としての主張がしにくくなりますので、内政干渉的な抗議をやめて頂けませんか。

靖国神社は、天皇のために戦い、戦士した兵士を神として祀っている宗教的施設であり、国営墓地ではありません。

東條側は自衛のための戦争であったと法定で主張し、理路整然としているとするが、軍国主義指導者の論理であり、その主張は論理のすり替えであり、そんな主張は平和に対する罪…戦争を指導した罪の論理であるから、国際社会は認めず、戦犯としての死刑にしたのです。

当時の日本人も当然の判決だと受け止めたと思います。
しかし戦後70年近くなると、今回の入管法違反嘘偽事件に見るように、都合の悪い入管法は悪法だとして従わず、法の論理を越えた主張を正論だとして、逆らう民を一方的に犯罪人にして刑事処分をなす様を体験して、そして見るにつれて日本は軍国化しているなと感じるのであります。

また「開戦の責任は自分のみにあって、昭和天皇は自分たち内閣・統帥部に説得されて嫌々ながら開戦に同意しただけである」と明確に証言し、この証言が天皇の免訴を最終的に確定することになったのは、責任を転嫁せず美しい日本人として評価できると私は思っております。

ましてや閣僚や、国会議員が、日本国の象徴である天皇さえ参拝にいかないのに、平和への罪を開戦の責任は東條らA級にあるのです。だからこそ、平和を望み死にたくもなかった兵士や国民、そして諸外国の兵士や国民まで死に追いやった東條を靖国神社に合祀してはならなかったのです。

日本の歴史書、古事記によると、「黄泉の国」が死者の世界であると言います。死者の国で死者が神になったとは書いてありません。
儒教では人は天に昇り神になると言います。儒教は儒学であり、儒学は中国の文化であります。

今日の日本では、論語の影響も受け、日本仏教では、年回忌をします。中国人から見て変だと思うことはたくさんあります。今でこそ、中国をコピー文化の国だと揶揄していますが、昔の日本文化は中国文化のコピーだったのです。

中国においても宗教の自由はありますね。靖国神社はたくさんある宗教団体の一つです。日本人が中国文化の影響を受けるのは歴史の事実です。靖国神社がA級戦犯を神とするのは自由であります。そして靖国神社の信徒、信者が神になったと信じて参拝するのも自由であります。

靖国神社の信者でない日本人の多くは、閣僚や国会議員の靖国参拝を快く思っておりません。それは宗教の自由に反するからです。しかし、日本人は中国政府のようにカッカしませんよ。そして中国人民が、カッカしたと言う話を聞いたことがありません。

日本人は平和を愛し戦後70年間戦争をしなかった自浄力があります。日本人の手で、世論により閣僚や国会議員の靖国参拝をやめさせます。したがって、ワケの分からない日本人のすることにいちいちカッカしないで、余計な内政干渉はおやめください。

中国政府の加勢がなくとも日本人で解決します。しかし、日本政府の国家権力による人権侵害には、国連等で追及し大いに加勢してください。もちろん日本政府も中国政府が人権侵害すれば大いに攻撃すると思います。こう言う人権問題では、アジアの大国どおしが大いに非難をしあうべきです。

靖国神社問題で余計な干渉をされるとやりにくくてしょうがない。これは怒りです。

事実を記載するために裁判記録をもとに作成した、上告趣意書や告訴状をもとに本稿を編集いたしましたが、元の原本に誤字や文章の乱れがありますので読みにくいとは思いますがお許し下さい。


長野恭博(やすひろ)


事件の詳細はICCへ提訴(情報提供)していますので下記をご覧ください。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

元検察官の内部告発です。日本の検察の無法状態を理解して支援してください。
https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/ae2810d4d4e8d46f296dd81756ebe793

※【思い出ポロポロ 連載1】【思い出ポロポロ 連載2】もご覧下さい。


この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください