2018年05月09日

拝啓 国際社会のメディアの皆さま 本日のメールです。 2018-05-09:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での 「人道上の犯罪」 被害者を救済してください。


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!




拝啓、私は日本人です。日本政府による、
貴国の「不法就労罪」での人権侵害被害者を救済してください。

やはり、読者は混乱していますね!

私が言いたいことは2つです。もう一度言います。

1.中国人4人がそれぞれ、入管法違反の在留資格外の不法就労をしました。
これは犯罪です。

しかし、中国人を不法就労させた雇用者は入管法73-2条
(不法就労を幇助した罪)で処罰されません。

検察官に「裁量権」がありますが、不当な扱いです。

不法就労は、働くものと雇用する者がいて成立します。

それで入管法は両者を処罰しているのです。

検察官は雇用者を処罰しないのであれば、
働いた外国人も処罰しないのが法の下の平等です。

恣意的に、外国人だけを処罰するのは国際法違反です。

通常、検察官は外国人に対して「罰金刑」の刑事処分を科して、
国外退去させますが、明らかに国際法違反です。

1番めをご理解ください。明日、混乱の原因となる2番目を書きます。


各国政府は日本政府より人権侵害を受けた自国民の救済を日本政府に求めるべきです。

移民や難民を新たに受け入れるよりも、自国民の救済を優先すべきです。

私はそのためにメールを差し上げています。貴国にも被害者はたくさんいます。

ICCの皆様、正義をもって私や世界の被害者を救済してください。

日本国職員による、「不法就労罪」での人道上の犯罪です。
日本法だけでなく国際法違反です。資料は下記にあります。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

資料だけでは不明です。お問合せをしてください。
#MeToo 人権被害者を救済してください。
敬具 長野恭博


私の情報 ***************************************************

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博


不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

********************************************************************

posted by 長野トミー at 08:36| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください