2021年01月03日

【イギリスがEUから完全離脱(2021年1月1日)】 ヴィクトリア朝のイギリスは無敵だったなぁ 

【イギリスがEUから完全離脱(2021年1月1日)】
ヴィクトリア朝のイギリスは無敵だったなぁ 


ヴィクトリア朝(ヴィクトリアちょう、英語: Victorian era)は、
ヴィクトリア女王がイギリスを統治していた1837年から1901年の期間を指す。
この時代はイギリス史において産業革命による
経済の発展が成熟に達したイギリス帝国の絶頂期であるとみなされている。
なお、ここで用いる「朝」は「時代(ある一人の君主が統治していた期間)」の意味であり、
「王朝(ある一定の血統に属する君主たちが統治していた期間)」を指し示すものではない。

離脱決まったときはこれ大丈夫かよと思ってたけど
に媚びたり移民押し付けあったりしてる無様なEUの姿を見てたらなんだかんだでイギリスは正しかったんだなってなったわ


ロンドンの名所、ビッグベンの鐘が工事中にもかかわらず、特別に鳴り響きました。
これが鳴らされた現地時間31日午後11時をもって、イギリスはEU=ヨーロッパ連合から完全に離脱しました。
2020年1月末からの「移行期間」が終了し、1973年にEC=ヨーロッパ共同体に加盟した後、48年に渡って続いた関係が幕を下ろした形です。
ジョンソン首相も、国民向けのメッセージで喜びの言葉を述べています。
ただ、通関手続きなどが増えて今後、物流に混乱が生じる可能性があるほか、イギリスの金融機関が、EUの顧客にアクセスできるかについて結論が出ておらず、金融都市・ロンドンからヒトや資本が大量に流出する可能性も残っています。
さらに、新型コロナの新規感染者が5万人を超えるなど感染拡大を全く止められていないこともイギリス政府に重くのしかかります。
多くの地域で不要な外出が禁止される中、警察が帰宅を促しても、ルールを破り年越しの瞬間を外でお祝いしようとする若者の姿も目立ちました。
コロナ問題の長期化を覚悟せざるを得ない状況は続きそうです
シェア元タイトル
イギリスがEUから完全離脱(2021年1月1日)
シェア画像動画URL
https://youtu.be/F6B2kbF7Hpw
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

###


::: !
&&&
★起訴状をみてください。訴因 と適用法がすり替わっています。1)日本語の原文は http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf   2)私の翻訳は http://www.miraico.jp/crime/g5-Indictment-against-Nagano-Kin.pdf  文末に「茶色」で私のコメントを書いています。このコメントを読んでいただければ、理解できます。「入管法」は http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4  
★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「日本国の人権侵害 北朝鮮より酷い拉致監禁」 詳しくは、https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e

posted by 長野トミー at 08:28| Comment(0) | 思い出 いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月02日のつぶやき


























































posted by 長野トミー at 00:01| Comment(0) | 思い出 いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする