2018年10月12日

思い出有難う【トランプ大統領からのメール返信2018-10-12】 ホワイトハウス、ワシントン 2018年10月11日    書きかけていただきありがとうございます。私のスタッフはすぐにあなたのメッセージを見直します。



ハリケーン・マイケルが湾岸の一部に及ぼす潜在的に甚大な影響を予想して、暴風雨の準備や避難に関する地方政府と州当局の助言に敬意を表する。あなたの地域に特化した最新の情報とリソースについては、ここをクリックしてください。

私の管理は、災害のある方の安全と安心を確保するために、国家警備隊、州および地方の役人、何千人もの初心者と協力する準備ができています。この嵐の中で人命を守ることは私の行政にとって最優先事項であり、私は連邦政府機関や国家指導者と協力して、必要な追加的な支援に即座にアクセスできるようにしていきます。

私たちが嵐を監視しているとき、ファーストレディと私は、仲間のアメリカ人の安全を祈るために私たちに参加してもらいたいと思います。コミュニティパートナーと非営利団体の努力を支援する方法を模索することをお勧めします嵐の前後にコミュニティへの支援。

あなたのメールアドレスをもう一度ありがとう。私は連絡を取り合うことを楽しみにしています。

敬具、

ドナルド・トランプ

https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/10/POTD-October-10-2018-1200x800.jpg

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
【Reply by e-mail from President  Trump 2018-10-12】



October 11, 2018

 
Thank you for taking the time to write. My staff will review your message shortly.
In anticipation of the potentially devastating impact of Hurricane Michael on parts of the Gulf Coast, I encourage those in its path to heed the advice of local and State officials regarding storm preparations and evacuations. For up-to-date information and resources dedicated to your area, please Click Here.
My Administration stands ready to work with the National Guard, State and local officials, and the thousands of first responders to ensure the safety and security of those in harm’s way. Protecting lives during this storm is the highest priority for my Administration, and I will continue to work with Federal agencies and State leaders to ensure immediate access to any additional support needed.
As we monitor the storm, the First Lady and I ask that you join us in prayer for the safety of our fellow Americans, and we encourage you to look for ways to support the efforts of our community partners and non-profit organizations as they provide assistance to communities before and after the storm.
Thank you again for your email. I look forward to being back in touch.
Sincerely,

Donald Trump
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/10/POTD-October-10-2018-1200x800.jpg

● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

posted by 長野トミー at 07:02| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【拡散】【思い出ポロポロ 連載3】No75 特別公務員職権濫用罪の故意



Ⅱ.特別公務員職権濫用罪の故意

1. 特別公務員職権濫用罪の犯罪構成要件該当性

「特別公務員職権濫用罪」は、
その職権を濫用して、他人を逮捕、監禁することによって成立する罪です。
特別公務員職権濫用罪の犯罪構成要件該当性については、

①主体が特別公務員であること、・・・・事実警察官です。
②職権を濫用したこと、
③人を逮捕・監禁したこと 、によって成立します。・・・・事実として逮捕・監禁されました。

職権を濫用したか否かですが、濫用とは、

職務上の権限を不法に行使することで、その手段や方法は、暴行・脅迫だけでなく、法律上・事実上、被害者に対してその結果を受け入れざるえない程度に意思決定の自由を圧迫するものであれば足りるとされています。

犯罪理由では、嘘偽の書類を堤出して在留留資格を得た外国人(中国人)に科される、
入管法「在留資格取消」(対処は国外退去処分)の処分行為を指して、

https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/10/POTD-October-10-2018-1920x720.jpg

中国人がした入管法違反(資格外活動)行為に対し、

内容嘘偽の雇用契約書の提供をうけて在留資格を得たので、
入管法違反(資格外活動)とする行為は不法です。

「不当」という言葉は「違法」と同じような意味と解釈されることがあるが、
法令用語としてはそれぞれの意味が異なってくる。

「不当」とは、実質的に妥当性を欠いていることをいう。
対して「違法」とは、法秩序に違反していることをいう。

「不当」なものが必ずしも「違法」であるとは限らず、
法に違反してさえいなければ、それは「適法」という扱いになる。
しかし、如何に適法であっても法の趣旨や目的から見て問題のある行為には変わりない。

なお、これは「不当」が「違法」でないことを保証するものではない。
「不当」でかつ「違法」なものも当然あり得る。

告発事実に記載のとおり、入管法の趣旨、法の下の平等、国際法に反し、不法就労させた雇用者を逮捕せずに、中国人だけを恣意的に不当な逮捕状等を裁判所に申請し、不当な逮捕状などを提示するなどして、
また内容嘘偽の起訴状などで、不法な意思決定の自由を圧迫し職務上の権限を行使しています。

告発事実では「不法」「不当」で表現しています。
不当とは記載実質的に妥当性を欠いている、
法の趣旨や目的から見て問題のある行為として使っています。
明らかに不法、違法として捕らえて戴ければ幸甚です。

特別公務員職権濫用罪は故意を必要としていませんので、
よって、この明らかな不法(不当)な行為は、職権乱用であるので、犯罪は成立します。


事件の詳細はICCへ提訴(情報提供)していますので下記をご覧ください。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

元検察官の内部告発です。日本の検察の無法状態を理解して支援してください。
https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/ae2810d4d4e8d46f296dd81756ebe793

※【思い出ポロポロ 連載1】【思い出ポロポロ 連載2】もご覧下さい

2018年10月11日のつぶやき












































































































































































































































































posted by 長野トミー at 00:01| Comment(0) | 思い出 いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする