2018年08月13日

思い出有難う【トランプ大統領からのメール返信2018-08-13】



ホワイトハウス、ワシントン
2018年8月12日
  

ホワイトハウスにお問い合わせいただきありがとうございます。 あなたのメッセージを慎重に検討しています。

ドナルド・J・トランプ大統領は、わが国の強みは、米国人の精神と、情報を得て関与する意欲があると考えています。 トランプ大統領は、あなたが手を差し伸べる時間をとっていることを感謝します。

敬具、

大統領通信局
●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/


【Reply by e-mail from President  Trump 2018-08-1】



August 12, 2018
 
Thank you for contacting the White House. We are carefully reviewing your message.
President Donald J. Trump believes the strength of our country lies in the spirit of the American people and their willingness to stay informed and get involved. President Trump appreciates you taking the time to reach out.
Sincerely,
The Office of Presidential Correspondence
● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

posted by 長野トミー at 07:51| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【拡散】【思い出ポロポロ 連載3】No31 中国は人民への人権侵害にこそ日本政府に抗議を!罪に問われたのは、入管法違反幇助事件だけです


しかし、金軍大(仮名)は、他に不法就労も自白していますが、罪に問われていません。
罪に問われたのは、入管法違反幇助事件だけです。

裁判は、金軍大(仮名)が彼等から受けた報酬で事実関係を立件するのです。
彼はその報酬の一部を私(長野)に渡したと言います。
謝礼を現金で受け取り、金の姓だけで銀行振り込みしたとするのです。
中国人は常に姓名です。
日本人も銀行振込の場合姓名でします。
でもケイサツ、検察、裁判官は偉いので常識が姓だけでいつも振込しているのでしょう。
国会議員よりも偉いのです。
そして雇用の意志がなかったと供述しますが、雇用の意志が合ったことも証言します。
このあたりの事実関係は、ここでは問いません。

しかし、裁判はあくまで、罪刑法定主義で争われるべきです。
起訴の要因がないのに味噌糞一緒で争うのです。
法律を無視する野蛮行為です。

謝礼をもらうのは中国の文化です。(論語にも書いてあります)
謝礼を貰ってもに日本の法律では罪になりません。
役人の賄賂でないので中国でも無罪です。

私及び中国人金軍大(仮名)は、完全な、罪刑法定主義に反する冤罪です。
通常、冤罪は事実関係の誤認ですが、
この事件では大胆にも、法律そのものを無視するのですから極悪非道の悪質です。

恐ろしいことは、最高裁が指摘する、単なる適用法の誤りを、
関係者の全てが無視したことです。

これらの行為について、
警察は「桜田門を舐めるんじゃない」「一般論で認めろ」です。
検察官は、法の論理を言うと、
「私は偉いんだ」「だれが貴方の話を信じますか」
「認めれば罰金、認めなければ懲役刑にもしますよ」です。

弁護士は
「法の論理は私が専門です」

まったく聞く耳を持ちません。

これが日本の司法の実態です。


事件の詳細はICCへ提訴(情報提供)していますので下記をご覧ください。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

元検察官の内部告発です。日本の検察の無法状態を理解して支援してください。
https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/ae2810d4d4e8d46f296dd81756ebe793

※【思い出ポロポロ 連載1】【思い出ポロポロ 連載2】もご覧下さい。

2018年08月12日のつぶやき












































































































posted by 長野トミー at 00:01| Comment(0) | 思い出 いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする