2018年08月08日

思い出有難うホワイトハウス、ワシントン 2018年8月7日   ホワイトハウスにお問い合わせいただきありがとうございます。 あなたのメッセージを慎重に検討しています。

【トランプ大統領からのメール返信2018-08-08】



ドナルド・J・トランプ大統領は、わが国の強みは、米国人の精神と、情報を得て関与する意欲があると考えています。 トランプ大統領は、あなたが手を差し伸べる時間をとっていることを感謝します。

敬具、

大統領通信局

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/


【Reply by e-mail from President  Trump 2018-08-08】



August 7, 2018
 
Thank you for contacting the White House. We are carefully reviewing your message.
President Donald J. Trump believes the strength of our country lies in the spirit of the American people and their willingness to stay informed and get involved. President Trump appreciates you taking the time to reach out.
Sincerely,
The Office of Presidential Correspondence

● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

posted by 長野トミー at 09:48| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思い出有難う【米国 ホワイトハウスからのメールマガジン2018-08-08】 毎日1600 ホワイトハウス•2018年8月7日 メディアが無視できなくてもトランプブーム


【米国 ホワイトハウスからのメールマガジン2018-08-08】
毎日1600 ホワイトハウス•2018年8月7日 メディアが無視できなくてもトランプブーム

先週の雇用統計によると、トランプ・エコノミでアメリカ人労働者が見ている信じられないほどの恩恵が明らかになった。リベラルで保守的なメディアは、この目覚しい転換期の話を無視することはできません。

•ニューヨークタイムズ:景気後退で最も厳しい労働者が回復に加わる

•FOXビジネス:何千万もの食品スタンプを落とす

•ヒル:雇用データは、iPodの時代からこのように良いことはありませんでした。

•シカゴ・トライブヌ:これはブームになる経済のような感じです

先週の失業率は3.9%に低下した。これは1970年以来の8倍に過ぎず、4%を下回った。 (そして、2018年にはそのうち約半数が起こった。)

最も重要なのは、誰が恩恵を受けているかです。ドナルド・J・トランプ大統領は、よくつながっていて強力な国ではなく、国境を越えてアメリカ人を眺めることを約束しました。彼は納品した。 「大後退の中で最も打撃を受けた、最も教育されていないアメリカの労働者。 。 。強い経済の象徴である」とニューヨーク・タイムズ・レポート。

トランプ経済は、メディアの言葉で

More:トランプ大統領は経済批評家には不可能だと言っている。

ファーストレディメラニアトランプ:「私の情熱」

ファーストレディメラニア・トランプは、子供を守ることに専念する意識向上キャンペーン「Be Best」を継続的に推進しています。

2週間前、テネシー州ナッシュビルの集中治療室で患者を訪問しました。 "私の情熱は、オピオイドの危機を照らすことです。"とファーストレディは言った。 「私は、若い母親や子供たちに薬物の危険性について早期に教えることを学び、信じ続けることを望んでいます。

今日の子供たちが直面しているいくつかの重大な問題に焦点を当て、社会的、感情的、身体的健康の重要性を教えてください。この取り組みは、ウェルビーイング、ソーシャルメディアの使用、オピオイドの乱用という3つの主要な柱に集中しています。

ファースト・レディは、「薬物使用の危険性について、私たちはこれについてもっと話していると、恥と罪がなくなると信じています。

ファースト・レディース・ベスト・イニシアチブについての詳細をご覧ください。
その日の写真
大統領トランプボードエアフォースワン
Shealah Craigheadによる公式ホワイトハウス写真

ドナルド・J・トランプ大統領、エア・フォース・ワンのボード| 2018年8月4日

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/



【USAMail magazine from the White House 2018-08-08】


The White House • August 7, 2018
The Trump boom even the media can’t ignore
Last week’s jobs report has shined a light on the incredible gains American workers are seeing in the Trump Economy. The media, both liberal and conservative, can’t ignore the story of this remarkable turnaround:
• THE NEW YORK TIMES: Workers Hardest Hit by Recession Are Joining in Recovery
• FOX BUSINESS: Millions Drop Off Food Stamps
• THE HILL: Employment Data Hasn’t Been This Good Since the Days of the iPod
• CHICAGO TRIBUNE: This Is What a Booming Economy Feels Like 
Unemployment dipped to 3.9 percent last week—just the eighth time since 1970 it has fallen below 4 percent. (And nearly half of those occasions happened in 2018.)
Most important is who is benefitting. President Donald J. Trump promised to look out for Americans from every corner of the country, not the well-connected and powerful. He’s delivered. “The least educated American workers, who took the hardest hit in the Great Recession . . . are a striking symbol of a strong economy,” The New York Times reports.
The Trump Economy, in the media’s words
More: President Trump is getting the economy critics said wasn’t possible.
First Lady Melania Trump: ‘My passion’
First Lady Melania Trump continues to advance her ‘Be Best’ initiative, an awareness campaign dedicated to protecting children.
Two weeks ago, she visited patients at an intensive care unit in Nashville, Tennessee. “My passion is to shine a light on the opioid crisis,” the First Lady said. “I want to continue to learn and believe in starting early to educate young mothers and children about the dangers of drugs.”
Be Best focuses on some of the major issues facing children today, while also teaching them the importance of social, emotional, and physical health. The initiative concentrates on three main pillars: well-being, social media use, and opioid abuse.
“I believe the more we talk about this, the shame and guilt will go away,” the First Lady said about the dangers of drug use.
Learn more about the First Lady’s Be Best initiative.  
Photo of the Day
Official White House Photo by Shealah Craighead
President Donald J. Trump boards Air Force One | August 4, 2018
● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

続きを読む
posted by 長野トミー at 09:47| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思い出有難う【米国 ホワイトハウスからのメールマガジン2018-08-08】 ウェストウイング トランプ大統領、イラン制裁再開、恐ろしい核問題 「オバマ大統領がテヘランとの核取引を解明するために誓約した後、イランに対する制裁を再開した。



イラン大統領は、「イランの独裁政権の鮮明な評価、テロ支援、中東や世界各地での継続的な侵略に基づいている」と述べた。

詳細はこちらをご覧ください。

「米農務省の最新情報によると、食品スタンプを収集する人の数は、トランプ大統領が就任して以来、大幅に減少している。 「トランプ氏が就任して以来、政権は成長促進政策を推進する上でゼロになっている」

「エコリストは2018年に雇用が減速すると予想している」とエリック・モラートはウォールストリート・ジャーナル紙に記している。 「その反対は、契約、小売、製造の2つのカテゴリーでの復活が主な原因です。

ダルースニューストリビューンでは、保健福祉省副官エリック・ハーガンは、オピオイド流行がミネソタ州ダルースのような場所で獲得できると述べている。 「ドナルド・トランプ大統領の下で、HHSはオピオイド危機を最重要課題としています。

ウィリアム・ダンケルバーグ(William Dunkelberg)は、中小企業のオーナーが経済を先導していることをフォーブスに書いています。 「大統領は「最近の経済成長」を「驚くほど」と言いましたが、メディアは「事実を確認して、「強く」としか言えないと結論づけました。

マイケル・ヘラルド(Michael Herald)大統領は、「暴力に悩まされた国であるコロンビアは、歴史のなかで最も平和的で民主的な選挙をやったばかりだ」と述べ、ベネズエラの独裁政権とは対照的に、

トンプソン大統領は共和党の上院議員に対し、刑務所と刑法改革に関する新たな提案には開放されていると述べ、首都議会で絶望的に停滞しているような問題に新たな命を与えた」と述べた。

プライバシーポリシー|ホワイトハウスに連絡する|退会する

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/



【USAMail magazine from the White House 2018-08-08】


President Trump Reinstates Iran Sanctions, Slams ‘Horrible’ Nuclear Deal
“President Trump on Monday renewed sanctions on Iran as he followed through on vows to unravel the Obama-era nuclear deal with Tehran,” Fox News reports.
“Our policy is based on a clear-eyed assessment of the Iranian dictatorship, its sponsorship of terrorism, and its continuing aggression in the Middle East and all around the world,” the President said.
Click here to read more.
“The number of people collecting foods stamps has dropped tremendously since President Trump took office, according to the latest numbers from the U.S. Department of Agriculture,” Julia Limitone reports in Fox Business. “Since Trump took office, the administration has zeroed in on promoting pro-growth policies.”
“Economists expected hiring to slow in 2018,” Eric Morath writes in The Wall Street Journal. “The opposite has occurred, largely due to a resurgence in two categories that had been contracting, retail and manufacturing.”
In the Duluth News Tribune, Health and Human Services Deputy Secretary Eric Hargan writes that the opioids epidemic can be won in places like Duluth, Minnesota. “Under President Donald Trump, HHS has made the opioid crisis a top priority because it leaves no corner of our country untouched.”
William Dunkelberg writes in Forbes that small business owners are powering the economy forward. “The President called [recent economic growth] ‘amazing,’ but the media decided to ‘fact check that term and concluded that it could only be called ‘strong.’ So much for ‘secular stagnation.’”
In the Miami Herald, U.S. Ambassador to the U.N. Nikki Haley writes that in stark contrast to the failed dictatorship in Venezuela, “Colombia, a country once plagued by violence, has just had the most peaceful and democratic election in its history.”
“President Trump has told Republican senators that he’s open to a new proposal on prison and sentencing reform, giving new life to an issue that seemed hopelessly stalled on Capitol Hill,” Alexander Bolton reports for The Hill.
Privacy Policy | Contact the White House | Unsubscribe
● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

posted by 長野トミー at 09:46| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【拡散】【思い出ポロポロ 連載3】No28 中国は人民への人権侵害にこそ日本政府に抗議を!懲役1年半、罰金150万円で実刑となり、2013年3月19日に出所いたしました。




懲役1年半、罰金150万円で実刑となり、2013年3月19日に出所いたしました。

最高裁に上告しましたが、結果は憲法違反ではなく単なる適用法の誤りです。
再審請求せよとの棄却です。

事件は、2010年6月に発生しました。
入管法違反幇助事件です。マスコミにも報道されました。
警察による虚偽情報操作によるものです。

不法就労は中国人4人が、学生時代のアルバイト先で卒業後も働いて逮捕されました。
L社の社長である私(長野)がリーマンショックで採用しなかったからです。
共犯として、部下である中国人(吉林省延辺・・・朝鮮族)の金軍大(仮名)も逮捕されました。
父親は延辺市職員で集中暖房の技師で有名と聞いております。
彼は、もと延辺のプロサーッカー選手です。
彼は、懲役1年半、罰金150万円ですが、認めたので3年の執行猶予となり、
国外強制退去になり、執行猶予は2013年10月には終了しています。

起訴理由は、私(長野)が金軍大(仮名)と共謀して、
雇用の意志がないのに、内容虚偽の雇用契約書を作成して新卒採用予定者に渡したので、
彼等は内容虚偽の雇用契約書で入管に申請して技術、人文国際などの在留資格を得られた。
それで日本に在留できた。
在留できたので不法就労ができたというものです。
判決文もそうなっています。
因果関係は明らかであるが判決理由です

これは、事実関係を論議する前に、
民主主義の基本である罪刑法定主義を真っ向から否定するものです。

入管法の不法就労に対する幇助罪は、法の論理で入管法の「不法就労幇助罪」です。
彼等は事業者である飲食店で働いていたので、雇用者は、同罪に問われるべきです。

彼等に、採用予定で在留資格をとってあげた
私(長野)と金軍大(仮名)が刑法の幇助罪に問われたのです。
これは罪刑法定主義を否定する適用法の誤りです。
通常、冤罪は事実関係の誤認によるものです。
しかし、この事件は、法律を否定して裁いているので悪質です。

「不法就労幇助罪」は、飲食業界や風俗業界と癒着する警察が取り締まりません。
表向きの理由は、法をしらなかったとか、
不法就労者であることがわからなかったですが、

日本は昔から、どこの馬の骨かわからないものは採用しない文化があります。
日本人も戸籍、保証人などを求めて採用しています。
外人にはパスポート、外国人登録証を求めて来ました。
事実、この4人の雇用者にも求めて確認しています。
うち一人は偽の名前で別人としてパスポート、外国人登録書を提出していますので、
罪にはなりません

事件の詳細はICCへ提訴(情報提供)していますので下記をご覧ください。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

元検察官の内部告発です。日本の検察の無法状態を理解して支援してください。
https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/ae2810d4d4e8d46f296dd81756ebe793

※【思い出ポロポロ 連載1】【思い出ポロポロ 連載2】もご覧下さい。

2018年08月07日のつぶやき














































































































































































































































































posted by 長野トミー at 00:01| Comment(0) | 思い出 いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする