2018年06月22日

ホワイトハウス、ワシントン2018年6月21日   ホワイトハウスにお問い合わせいただきありがとうございます。 あなたのメッセージを慎重に検討しています。 思い出有難う


【米国 ホワイトハウスからのメール2018-06-22】

ドナルド・J・トランプ大統領は、わが国の強みは、米国人の精神と、情報を得て関与する意欲があると考えています。 トランプ大統領は、あなたが手を差し伸べる時間をとっていることを感謝します。

敬具、

大統領通信局

ホワイトハウスからの定期的な電子メールの更新を希望する場合は、ここをクリックしてください。 Facebook、Instagram、Twitter、YouTubeで大統領、ホワイトハウスに従うこともできます。
●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/


【USAMail from the White House 2018-06-22】

June 21, 2018
 
Thank you for contacting the White House. We are carefully reviewing your message.
President Donald J. Trump believes the strength of our country lies in the spirit of the American people and their willingness to stay informed and get involved. President Trump appreciates you taking the time to reach out.
Sincerely,
The Office of Presidential Correspondence

 

If you wish to receive regular email updates from the White House, please Click Here. You may also follow President Trump and the White House on Facebook, Instagram, Twitter, and YouTube.

● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

posted by 長野トミー at 07:43| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【米国 ホワイトハウスからのメールマガジン2018-06-22a】 あなたの毎日1600:思い出有難う



  
ホワイトハウス•2018年6月21日
先日

ドナルド・J・トランプ大統領は、大変必要な政府の組織改革と連邦政府機関間の民間サービス改革に焦点を当て、内閣総理会議を開催する。
 

 
家族を一緒にして法を守る

昨日、トランプ大統領は、犯罪者の不適切な入国や移民手続に直面している間、家族を一緒に暮らすために、執行令に署名しました。大統領は、大統領府から「私たちは強力な、非常に強い国境を持つことになるだろうが、家族を一緒に保つつもりだ」と述べた。 「私は視力や家族の感情が分かれているのが好きではありませんでした。それは長年にわたって続いてきた問題です」

この執行命令は、大統領が合法的にそうすることができる範囲で、違法な外国人家族の分離を避けながら、政府がゼロ・トレランス政策で国境を保護し続けることを可能にする。 Jeff Sessions検事総長は、移民と税関執行機関が20日間以上家族を一緒に拘束することを防止するフローレス和解合意を直ちに修正するよう求める。

「私たちは法と秩序の国であるかどうか、国境のある国と、アメリカ人の思いやりと心を示す国との間では間違った選択だと信じている」とマイケン・ペンス副大統領が署名した。

国会の安全保障担当書記Kirstjen Nielsenは、「我々は、議会に彼らの役割を果たすよう頼んでいる」と述べた。議会民主党はこれまでに拒否し、開かれた国境のより大きな議題を弱体化させないことを好んだ。昨日、上院少数民主化指導者、チャック・シュメル(D-NY)は、「立法はここに行く方法ではない」と述べ、彼の仕事を拒否した。

家族を一緒にしながら法律を施行する方法の詳細をご覧ください。

ウォッチ:大統領トランプ大統領が家族の分離に対処する執行命令に署名する
 

 
メーカー:「この楽観主義は事故ではない」

大統領は、昨日、ミネソタ州ダルースの鉱業労働者と鉄鋼労働者に参加して、トランプ政権がその原因を取り上げて人々を働かせる方法について話し合った。その日の早い時期に、米国のメーカー自信が20年ぶりの高水準にまで上昇したというニュースがあった。調査したメーカーの95.1%が、彼らの会社の見通しが良いと答えた。

「この楽観的な楽観主義は事故ではない」と、全米製造業者協会のジェイ・ティモンズ会長は語った。 6か月前に渡ったゲームの変化する税制改革に支えられている」

鉄鉱業は30億ドルの産業であるミネソタ州で重要な仕事です。未加工鉄はミネソタ州北部のアイアンレンジから採掘され、ダルース港を経由して米国および世界の製鉄所に輸送されます。 「アメリカ初」の経済貿易政策を通じて、行政はこれらの産業に新たな人生を与えている。

ミネソタ州の大統領トランプアドレス鉱業と鉄鋼労働者を参照してください。

その他:行政が中国の不公平な貿易政策にどのように対処しているか
 

 
その日の写真

Shealah Craigheadによる公式ホワイトハウス写真

ドナルド・J・トランプ大統領は、マイク・ペンス副大統領と国土安全保障担当官Kirstjen Nielsenに加盟し、議会が家族の分離に取り組む機会を与える執行命令に署名する| 2018年6月20日

プライバシーポリシー|ホワイトハウスに連絡する|退会する

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/


【USAMail magazine from the White House 2018-06-22a】

Your 1600 Daily:
 
The White House • June 21, 2018
The Day Ahead
President Donald J. Trump will host a meeting of his Cabinet, focusing on much-needed government reorganization and Civil Service reform across Federal agencies.
 



 

Enforcing the law while keeping families together
President Trump signed an executive order yesterday to keep families together while they face any criminal improper entry or immigration proceedings involving their members. "We're going to have strong — very strong borders, but we're going to keep the families together," the President said from the Oval Office. "I didn't like the sight or the feeling of families being separated. It's a problem that's gone on for many years."
This executive order allows the Administration to continue to protect the border with its zero-tolerance policy while avoiding the separation of illegal alien families, to the extent the President can legally do so. Attorney General Jeff Sessions will seek an immediate modification of the Flores settlement agreement, which prevents Immigration and Customs Enforcement from detaining families together for more than 20 days.
"We believe it's a false choice between whether we are a country of law and order, a country with borders, and a country that demonstrates the compassion and the heart of the American people," Vice President Mike Pence said at the signing.
"We ask Congress to do their part," Homeland Security Secretary Kirstjen Nielsen said. Congressional Democrats have so far refused, preferring not to undermine their larger agenda of open borders. Yesterday, Senate Minority Leader Chuck Schumer (D-NY) refused to do his job, saying "legislation is not the way to go here."
Learn more about enforcing the law while keeping families together.
Watch: President Trump signs the executive order addressing family separation
 



 

Manufacturers: 'This record optimism is no accident'
The President joined mining and steel workers in Duluth, Minnesota, yesterday to discuss how the Trump Administration is taking up their cause and getting people back to work. Earlier in the day, news broke that U.S. manufacturer confidence had surged to a 20-year record high: A stunning 95.1 percent of manufacturers surveyed said they have a positive outlook for their companies.
"This record optimism is no accident," said Jay Timmons, President of the National Association of Manufacturers. "It is fueled by the game-changing tax-reform passed six months ago."
Iron mining is important work in Minnesota—a $3 billion industry. Raw iron is mined from northern Minnesota's Iron Range, where it is then transported via the Duluth seaport to steel refineries throughout the United States and world. Through "America First" economic and trade policies, the Administration is giving these industries new life.
See President Trump address mining and steel workers in Minnesota.
More: How the Administration is confronting China's unfair trade policies
 



 

Photo of the Day
Official White House Photo by Shealah Craighead
President Donald J. Trump, joined by Vice President Mike Pence and Secretary of Homeland Security Kirstjen Nielsen, signs an executive order affording Congress an opportunity to address family separation | June 20, 2018
 
Privacy Policy | Contact the White House | Unsubscribe
● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

posted by 長野トミー at 07:42| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【米国 ホワイトハウスからのメールマガジン2018-06-22a】 あなたの毎日1600:思い出有難う



  
ホワイトハウス•2018年6月21日
先日

ドナルド・J・トランプ大統領は、大変必要な政府の組織改革と連邦政府機関間の民間サービス改革に焦点を当て、内閣総理会議を開催する。
 

 
家族を一緒にして法を守る

昨日、トランプ大統領は、犯罪者の不適切な入国や移民手続に直面している間、家族を一緒に暮らすために、執行令に署名しました。大統領は、大統領府から「私たちは強力な、非常に強い国境を持つことになるだろうが、家族を一緒に保つつもりだ」と述べた。 「私は視力や家族の感情が分かれているのが好きではありませんでした。それは長年にわたって続いてきた問題です」

この執行命令は、大統領が合法的にそうすることができる範囲で、違法な外国人家族の分離を避けながら、政府がゼロ・トレランス政策で国境を保護し続けることを可能にする。 Jeff Sessions検事総長は、移民と税関執行機関が20日間以上家族を一緒に拘束することを防止するフローレス和解合意を直ちに修正するよう求める。

「私たちは法と秩序の国であるかどうか、国境のある国と、アメリカ人の思いやりと心を示す国との間では間違った選択だと信じている」とマイケン・ペンス副大統領が署名した。

国会の安全保障担当書記Kirstjen Nielsenは、「我々は、議会に彼らの役割を果たすよう頼んでいる」と述べた。議会民主党はこれまでに拒否し、開かれた国境のより大きな議題を弱体化させないことを好んだ。昨日、上院少数民主化指導者、チャック・シュメル(D-NY)は、「立法はここに行く方法ではない」と述べ、彼の仕事を拒否した。

家族を一緒にしながら法律を施行する方法の詳細をご覧ください。

ウォッチ:大統領トランプ大統領が家族の分離に対処する執行命令に署名する
 

 
メーカー:「この楽観主義は事故ではない」

大統領は、昨日、ミネソタ州ダルースの鉱業労働者と鉄鋼労働者に参加して、トランプ政権がその原因を取り上げて人々を働かせる方法について話し合った。その日の早い時期に、米国のメーカー自信が20年ぶりの高水準にまで上昇したというニュースがあった。調査したメーカーの95.1%が、彼らの会社の見通しが良いと答えた。

「この楽観的な楽観主義は事故ではない」と、全米製造業者協会のジェイ・ティモンズ会長は語った。 6か月前に渡ったゲームの変化する税制改革に支えられている」

鉄鉱業は30億ドルの産業であるミネソタ州で重要な仕事です。未加工鉄はミネソタ州北部のアイアンレンジから採掘され、ダルース港を経由して米国および世界の製鉄所に輸送されます。 「アメリカ初」の経済貿易政策を通じて、行政はこれらの産業に新たな人生を与えている。

ミネソタ州の大統領トランプアドレス鉱業と鉄鋼労働者を参照してください。

その他:行政が中国の不公平な貿易政策にどのように対処しているか
 

 
その日の写真

Shealah Craigheadによる公式ホワイトハウス写真

ドナルド・J・トランプ大統領は、マイク・ペンス副大統領と国土安全保障担当官Kirstjen Nielsenに加盟し、議会が家族の分離に取り組む機会を与える執行命令に署名する| 2018年6月20日

プライバシーポリシー|ホワイトハウスに連絡する|退会する

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/


【USAMail magazine from the White House 2018-06-22a】

Your 1600 Daily:
 
The White House • June 21, 2018
The Day Ahead
President Donald J. Trump will host a meeting of his Cabinet, focusing on much-needed government reorganization and Civil Service reform across Federal agencies.
 



 

Enforcing the law while keeping families together
President Trump signed an executive order yesterday to keep families together while they face any criminal improper entry or immigration proceedings involving their members. "We're going to have strong — very strong borders, but we're going to keep the families together," the President said from the Oval Office. "I didn't like the sight or the feeling of families being separated. It's a problem that's gone on for many years."
This executive order allows the Administration to continue to protect the border with its zero-tolerance policy while avoiding the separation of illegal alien families, to the extent the President can legally do so. Attorney General Jeff Sessions will seek an immediate modification of the Flores settlement agreement, which prevents Immigration and Customs Enforcement from detaining families together for more than 20 days.
"We believe it's a false choice between whether we are a country of law and order, a country with borders, and a country that demonstrates the compassion and the heart of the American people," Vice President Mike Pence said at the signing.
"We ask Congress to do their part," Homeland Security Secretary Kirstjen Nielsen said. Congressional Democrats have so far refused, preferring not to undermine their larger agenda of open borders. Yesterday, Senate Minority Leader Chuck Schumer (D-NY) refused to do his job, saying "legislation is not the way to go here."
Learn more about enforcing the law while keeping families together.
Watch: President Trump signs the executive order addressing family separation
 



 

Manufacturers: 'This record optimism is no accident'
The President joined mining and steel workers in Duluth, Minnesota, yesterday to discuss how the Trump Administration is taking up their cause and getting people back to work. Earlier in the day, news broke that U.S. manufacturer confidence had surged to a 20-year record high: A stunning 95.1 percent of manufacturers surveyed said they have a positive outlook for their companies.
"This record optimism is no accident," said Jay Timmons, President of the National Association of Manufacturers. "It is fueled by the game-changing tax-reform passed six months ago."
Iron mining is important work in Minnesota—a $3 billion industry. Raw iron is mined from northern Minnesota's Iron Range, where it is then transported via the Duluth seaport to steel refineries throughout the United States and world. Through "America First" economic and trade policies, the Administration is giving these industries new life.
See President Trump address mining and steel workers in Minnesota.
More: How the Administration is confronting China's unfair trade policies
 



 

Photo of the Day
Official White House Photo by Shealah Craighead
President Donald J. Trump, joined by Vice President Mike Pence and Secretary of Homeland Security Kirstjen Nielsen, signs an executive order affording Congress an opportunity to address family separation | June 20, 2018
 
Privacy Policy | Contact the White House | Unsubscribe
● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

posted by 長野トミー at 07:42| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【思い出ポロポロ 連載2】No-39 国境をこえて人権侵害救済を訴える < 貴国(中華人民共和国)より多くの国民が、留学、就労や観光ビザなどで来日しています>




 第2章

 貴国(中華人民共和国)より多くの国民が、留学、就労や観光ビザなどで来日しています。しかし多くの者が「入管法違反(資格外活動)」で罰金刑や懲役刑を受けて退去強制処分されています。

 懲役刑を受けて執行猶予になったとしても犯罪者としての前科が残り、負い目を負っての人生は苦しいものです。 日本の司法の国家犯罪から中国人民を救済してあげてください。

 いままで中国政府は、日本政府の言いなりで、抗議をしたと言うニュースを聞いたことがありません。だから前記したフィリッピン大使館のような事件(冤罪)が起きるのです。
 中国政府はアジアのリーダーとして日本政府の犯罪には強く抗議すべきです。

 現在の日本政府の犯罪は、戦時中の南京大虐殺や徴用工問題よりも、恣意的で悪質な問題ですが、中国政府が国民個人が受けた被害を問題にしないので歴史認識が改まらないのです。被害者の数は数え切れないくらいたくさんいると思います。おそらく貴国だけでも数千人以上に上ると思います。

 今回の私と金軍大(仮名)や中国人4名の入管法違反事件でも、何ら中国政府は抗議していないと思います。これは人権問題ですので、日本政府に強い抗議をしてください。

 対象となる者は、入管法違反(資格外活動など)で、罰金刑や懲役刑を含めて退去強制処分となった者で、不法就労にさせた事業者が処分されていない場合は、法の下で不平等な処分であり国際法違反です。

 刑罰を受けている者は、その取消を要求すべきです。(再審請求)
そして退去強制処分により、日本での生活の基盤を失った財産権の復活として、アパート等の入居費用(礼金、敷金)や生活用具(家財、衣類など)や飛行機代などの帰国費用、失った所得収入、慰藉料などの賠償請求をすべきです。

 フィリッピン国外交官や職員、そして私や金軍大(仮名)のように、嘘偽の雇用契約書を作成したり教唆したりして在留資格取得の幇助行為をしたとして、入管法違反(資格外活動)の刑法幇助罪とされた者は懲役刑(執行猶予を含む)になっていると思います。

 2010年7月の法施工前の事実については「国外退去強制」処分すら出来ません。法施行後も「国外退去強制」の行政処分です。
 これらの者については、懲役刑(執行猶予を含む)の取消(再審請求)そして前記同様に財産権の復活等を賠償請求をすべきです。

 問題は、確定した刑を取消すには再審請求が必要ですが、何れも適用法誤りですので、そのまま再審請求は出来ません。再審請求には、警察官、検察官、裁判官の犯罪事実が必要です。正しい姿は日本政府が再審請求すべきです!

 犯罪事実は、何ら法に違反していないのに、又、法の下での平等に反して、恣意的に中国人を逮捕監禁し、逮捕請求し送検しているので、嘘偽告訴罪であり特別公務員職職権濫用罪として刑事告訴・告発をしなければなりません。

 詳しくは、私の刑事告訴状および中国人の刑事告発状を駐日大使 閣下に送付しておきますので御覧ください。

 数千人以上に上る被害者について、中国政府が罪刑法定主義、また法の下の平等でなく恣意的で国際法に反するとして刑事告発すると、裁かれる特別公務員(警察官、検察官、裁判官)の数はその数倍にもなりますので、日本の司法制度が崩壊するほどの打撃があります。

 被害者については、「国外退去強制」処分がついています。駐日大使館がすべて掌握していると思いますので、(資格外活動などで)不法就労させた者の雇用者が「不法就労助長罪」で処罰されたのか否かを日本政府に調査請求してください。結果は、ほとんどが処罰されていないと思います。

事件の詳細はICCへ提訴(情報提供)していますので下記をご覧ください。

http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/



2018年06月21日のつぶやき




















































































































































































































































































































posted by 長野トミー at 00:01| Comment(0) | 思い出 いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする