2018年06月13日

思い出有難う 【米国 ホワイトハウスからのメールマガジン 2018-06-13c 】 今日の運転 ドナルド・Jトランプ大統領がシンガポールを出発し、今日後にハワイのジョイント・ベース・パール・ハーバー・ヒッカムに到着する予定です


https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/06/POTD-June-12-2018-1725x720.jpg
「韓半島の完全な非核化」
一晩、トランプ大統領は、 金正日(キム・ジョンウン)北朝鮮首席代表と歴史的な首脳会談を行った。「私たちは24時間もありました。これはかなりの間行われてきたので、実際には3ヵ月で膨大な時間を費やしました。「金正日総書記が、明るい未来に向かって大胆な一歩を踏み出したことに感謝したい」

両首脳は、 このような未来をまとめた共同声明に署名した。「北朝鮮に安全保障を提供することを約束したトランプ大統領と金正日(キム・ジョンウン)委員長は、朝鮮半島の非核化を完了するための確固たるかつ断固たるコミットメントを再確認した」と主張している。

声明はまた、米朝関係を再確立することを約束している。"ほぼ70年前。。。朝鮮半島を荒廃させた "とトランプ大統領は語った。"しかし、停戦協定が合意されている間、戦争は決して終わらなかった。今日まで、決して終わらなかった。しかし今、私たちは皆、すぐに終わることを望むことができます。そして、それが実現するでしょう。それはすぐに終わるでしょう。

金大統領は人民の未来をつかむ機会を持っている」と大統領は続けた。誰もが戦争をすることができますが、最も勇敢な人だけが平和を作ることができます。

トランプ大統領と金ジョンウンが署名した共同声明を参照。

ウォッチ: トランプ大統領は、歴史的サミットのために金議長を会う。

「私たちの時代の公衆衛生危機」
「私たちの国は、オピオイドの乱用や過量の流行に直面しています。これは私たちの時代の公衆衛生の危機です」と、今週、病気の予防と予防のセンター長であるRobert Redfield博士は執筆しました 。「2000年以降、この流行は30万人以上の命を奪い、さらに多くの家族を荒廃させた」

ファーストレディメラニアトランプは、最も傷つきやすい犠牲者がいるアメリカ人を思い出させました。新生児禁断症候群は、「乳児が妊娠中にオピオイドや他の中毒性薬物に曝され、生後数週間に激しい離脱症状を経験すると起こる」と声明で述べている。「最も脆弱な人々が確実に保護されるように、できる限りの努力をするのは私たちの責任です」

ファースト・レディースの「ベスト・オブ・イニシアチブ」が苦労している子供の優先順位をどのようにしているかを学びましょう。

More: 若者のオピオイド虐待と戦うためのホワイトハウスの新しい広告

ダ・ユーの写真
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/06/POTD-June-12-2018-1024x683.jpg
写真クレジット: Shealah Craigheadによる公式ホワイトハウス写真
ドナルド・J・トランプ大統領が北朝鮮の金正日(キム・ジョンウン)首脳と会談| 2018年6月12日

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/



【USA Mail magazine from the White House  2018-06-13c 】

Driving The Day
President Donald J. Trump has departed Singapore and will arrive at Joint Base Pearl Harbor Hickam in Hawaii later today.
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/06/POTD-June-12-2018-1024x683.jpg
‘Complete denuclearization of the Korean Peninsula’
Overnight, President Trump led a historic summit with North Korean leader Kim Jong Un. “We had a tremendous 24 hours. We’ve had a tremendous three months, actually, because this has been going on for quite a while,” President Trump said. “I want to thank Chairman Kim for taking the first bold step toward a bright new future for his people.”

The two leaders signed a joint statement that outlines such a future. Here is the key phrase: “President Trump committed to provide security guarantees to the DPRK [North Korea], and Chairman Kim Jong Un reaffirmed his firm and unwavering commitment to complete denuclearization of the Korean Peninsula.”

The statement also commits to reestablishing U.S.–North Korean relations. “Nearly 70 years ago . . . an extremely bloody conflict ravaged the Korean Peninsula,” President Trump said. “Yet, while the armistice was agreed to, the war never ended. To this day, never ended. But now we can all have hope that it will soon end. And it will. It will soon end.”

“Chairman Kim has the chance to seize an incredible future for his people,” the President continued. “Anyone can make war, but only the most courageous can make peace.”

See the joint statement signed by President Trump and Kim Jong Un.

Watch: President Trump meets Chairman Kim for their historic summit.

‘The public health crisis of our time’
“Our nation is facing a severe epidemic: opioid abuse and overdose. This is the public health crisis of our time,” writes Dr. Robert Redfield, Director for the Centers for Disease Control and Prevention, in an op-ed this week. “Since 2000, this epidemic has claimed more than 300,000 lives and devastated even more families.”

First Lady Melania Trump reminded Americans who the most vulnerable victims are. Neonatal abstinence syndrome “occurs when babies are exposed to opioids or other addictive drugs during pregnancy, and then experience painful withdrawal symptoms during their first few weeks of life,” the First Lady said in a statement. “It is our responsibility to do all we can to ensure our most vulnerable are protected.”

Learn how the First Lady’s ‘Be Best’ initiative is prioritizing struggling children.

More: The White House’s new ads to fight opioid abuse among young people

Photo of the Day
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/06/POTD-June-12-2018-1024x683.jpg
Photo Credit: Official White House Photo by Shealah Craighead
President Donald J. Trump meets with North Korean Leader Kim Jong Un | June 12, 2018
Sign up to receive 1600 Dai
● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

posted by 長野トミー at 07:18| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思い出有難う 【米国 ホワイトハウスからのメール 2018-06-13b 】 ホワイトハウス、ワシントン 2018年6月12日    ホワイトハウスにお問い合わせいただきありがとうございます。 あなたのメッセージを慎重に検討しています。



ドナルド・J・トランプ大統領は、わが国の強みは、米国人の精神と、情報を得て関与する意欲があると考えています。 トランプ大統領は、あなたが手を差し伸べる時間をとっていることを感謝します。

敬具、

大統領通信局




ホワイトハウスからの定期的な電子メールの更新を希望する場合は、ここをクリックしてください。 Facebook、Instagram、Twitter、YouTubeで大統領、ホワイトハウスに従うこともできます。

ホワイトハウスのウェブサイト| プライバシーポリシー| ホワイトハウスに連絡する

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/



【USA Mail from the White House  2018-06-13b 】

June 12, 2018  
Thank you for contacting the White House. We are carefully reviewing your message.
President Donald J. Trump believes the strength of our country lies in the spirit of the American people and their willingness to stay informed and get involved. President Trump appreciates you taking the time to reach out.
Sincerely,
The Office of Presidential Correspondence

 
If you wish to receive regular email updates from the White House, please Click Here. You may also follow President Trump and the White House on Facebook, Instagram, Twitter, and YouTube.
White House Website | Privacy Policy | Contact the White House

● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

posted by 長野トミー at 07:17| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思い出有難う 【米国 ホワイトハウスからのメールマガジン 2018-06-13a 】 ウェストウィング読書|    ホワイトハウス、オピオイド中毒の広告キャンペーンを開始



ピーター・サリバン氏は、「丘の中で、全国的な中毒性蔓延と戦う努力の一環として、若者のオピオイド虐待に対する意識を高める広告キャンペーンを開始すると発表した。 「目標は他の若い大人が広告を見て、彼らの生活や他の人生が中毒にならないようにすることができるかどうかを尋ねることだ」とホワイトハウスカウンセラー、ケリーン・コンウェイは語った。

詳細はこちらをご覧ください。

------------

ドーベルト大統領は、ホワイトハウスが安倍晋三首相と会談し、両国首脳が貿易関係を改善するために協力しており、安倍長官は米国に新たな日本の投資を約束したと発表した。トンプソン大統領は、「バラ園からの貿易不均衡を大幅に軽減し、米国の輸出障壁を取り除き、公正かつ相互に利益のある経済連携を達成するために努力している」と述べた。

------------

ジョセフ・ローラー氏は、「失業給付を受けている労働者の総数は44年ぶりの最低水準で推移している」と労働省が発表した。最近の数カ月間で、失業給付の減少は、雇用市場が赤熱していることを示唆する多数の労働統計の中で最も明るかった」と述べた。

------------

「アリス・マリー・ジョンソンは、今週彼女の判決を断った後、ドナルド・トランプ大統領にメッセージを送って、彼女と彼女の家族のためにしたことに対する感謝を表している」とワシントン・フリー・ビーコンにアンドリュー・クーグルが記している。 「それは素晴らしい気分です。特に私の家族と一緒に過ごしただけです」とジョンソン大統領はトランプ大統領が非暴力的な薬物犯罪で生涯刑を断念した後に言った。
プライバシーポリシー|ホワイトハウスに連絡する|退会する

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/



【USA Mail magazine from the White House  2018-06-13a 】

West Wing Reads |
 
White House Launches Ad Campaign on Opioid Addiction

“The White House on Thursday announced that it is launching an ad campaign to raise awareness about opioid abuse among young people as part of its effort to fight the nationwide epidemic of addiction,” Peter Sullivan reports in The Hill. “The goal is for other young adults to see the ads and ask themselves if they can prevent their lives and others’ lives from going [into addiction],” White House Counselor Kellyanne Conway said.

Click here to read more.
------------
“President Donald Trump said on Thursday after White House talks with Japanese Prime Minister Shinzo Abe that the two leaders were working together to improve trading relations and that Abe promised new Japanese investment in the United States,” Reuters reports. “We’re working hard to reduce our trade imbalance which is very substantial, remove barriers to U.S. exports and to achieve a fair and mutually beneficial economic partnership,” President Trump said from the Rose Garden.
------------
“The total number of workers receiving unemployment benefits is running at the lowest levels in 44 years, the Department of Labor reported Thursday in more encouraging news about the economy,” Joseph Lawler writes for the Washington Examiner. “In recent months, [decreasing unemployment benefit] claims have been the brightest among a number of labor statistics that suggest that the jobs market is red hot.”
------------
“Alice Marie Johnson gave a message to President Donald Trump on Thursday after he commuted her sentence this week, expressing gratitude for what he did for her and her family,” Andrew Kugle writes in The Washington Free Beacon. “It's an amazing feeling. Especially just being with my family again,” Johnson said after President Trump commuted her life sentence for a nonviolent drug offense.
Privacy Policy | Contact the White House | Unsubscribe

● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

posted by 長野トミー at 07:17| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【思い出ポロポロ 連載2】No-32 国境をこえて人権侵害救済を訴える < フィリッピン大使館への手紙>


10.フィリッピン大使館への手紙


10-1.駐日フィリピン大使への手紙
H.E.AmbassadorManuelM.Lopez
フィリピン国駐日本大使 閣下
2015年2月23日
長 野  恭 博
 Naganoyasuhiro

日本語の手紙ですので英語に翻訳してください
BecauseitisaletterofJapanesePleasetranslateintoEnglish

貴国大使館職員の新聞記事について
Fornewspaperarticlenobleembassystaff

 2015年2月20日付で、読売新聞および毎日新聞で、入管難民法違反:「外交官使用人」と偽装 在日比大使館員、就労ほう助容疑で書類送検 という記事について

 この記事は悪質な虚偽があります。フィリッピン国を侮辱する記事です。
何ら、犯罪をしていないの犯罪者扱いしていますので、読売新聞、毎日新聞に謝罪記事を要求してください。

 また、日本国政府へ抗議し、受け入れなければ、日本国の検察庁に「虚偽告訴罪」および「特別公務員職権乱用罪」で神奈川県警および横浜地検などを刑事告訴してください。

 記事の内容は、大使館職員(運転手)が、家事使用人としてフィリッピン人を雇用すると、偽って、雇用予定のフィリッピン人に内容虚偽の雇用契約書を渡して、雇用予定のフィリッピン人が入管に申請し、「特定活動」の在留資格を取得したが、家事使用人にならずに、

 都内の造園会社で働いたとして、3人を入管法違反(資格外活動)の罪で、又、
大使館職員(運転手)を入管法違反(資格外活動)の幇助罪(刑法)で2014年6月に逮捕、起訴された。裁判では執行猶予つきの懲役刑となり、強制送還された。

 さらに有罪判決を受けたうち2人の話では、
外交官と運転手とは別の大使館職員の男女3人の名義で結ばれた雇用契約などの書類をもとに在留資格を得ていたことを確認した。

 警察庁、検察庁、外務省と協議し、契約の経緯や勤務実態などについて、
この4人から説明を受ける必要があるとして、外務省を通じて大使館に面会を申し入れた。しかし帰国したと回答があったので、
不法就労を手助けした可能性がより濃いと判断して、申し入れ直後に帰国した外交官ら3人について、今月6日入管法違反幇助容疑で書類送検した。


 入管法違反(資格外活動)による不法就労の幇助罪は、
「不法就労助長罪」第73条の2です。
------------------------------------
不法就労助長罪
第73条の2 次の各号のいずれかに該当する者は、3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
一 事業活動に関し、外国人に不法就労活動をさせた者
二 外国人に不法就労活動をさせるためにこれを自己の支配下に置いた者
三 業として、外国人に不法就労活動をさせる行為又は前号の行為に関しあつせんした者
2 前項各号に該当する行為をした者は、次の各号のいずれかに該当することを知らないことを理由として、同項の規定による処罰を免れることができない。ただし、過失のないときは、この限りでない。
一 当該外国人の活動が当該外国人の在留資格に応じた活動に属しない収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動であること。
二 当該外国人が当該外国人の活動を行うに当たり第19条第2項の許可を受けていないこと。
三 当該外国人が第70条第1項第1号から第3号の2まで、第5号、第7号から第7号の3まで又は第8号の2から第8号の4までに掲げる者であること。
(両罰規定)
の2 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関して第73条の2若しくは第74条から第74条の6までの罪、第74条の6の2(第1項第3号及び第4号を除く。)の罪若しくはその未遂罪又は第74条の8の罪を犯したときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対しても、各本条の罰金刑を科する。
-----------------------------
 処分を受けるのは、働く資格のない外国人を雇用した、造園会社の法人と責任者です。

 3人が造園会社で不法就労した事実はまちがいないと思いますが、
懲役1年執行猶予3年は、不当です。

 この場合、雇用した造園会社及び事業者が「不法就労助長罪」で
刑事処分されていれば、法の下の平等で、3人の処分は国際法に違反しません。

 記事では、造園会社および責任者が処罰されたとは書いていません。
おそらく、いつものとおり癒着で刑事処分しなかったのでしょう。

 だとしたら、入管法に反して、働く資格のない外国人3人を不法に雇用し、
3人を不法就労者にした事業者(造園業者)を処分しないで、
不法就労者にされた、3人だけを刑事処分するのは、恣意的で国際法違反です。

 不法就労助長罪は「売春防止法」と同じ論理なのです。
不法就労させるものがいなければ、不法就労出来ないのです。

 不法就労助長罪は以前からありますが、2010年7月に、
「知らなかったは許さない」第73条の2-2が施工され、3年の猶予期間が過ぎて完全実施されなければならないのです。

 しかし、従来から、警察と事業者の癒着で事業者を処罰しない場合がほとんどです。
事業者を刑事処分しない場合、検察は、法の下の平等をおよび国際法を遵守して、
不法就労者を入管送り(強制退去)もしくは、少額罰金で入管送りにしているのが実態です。

 明らかに、この3人は不平等です!

 からくりは、この3人は、入管法が定める不法就労に対する幇助罪である「不法就労助長罪」でなく、不法就労させた虚偽の幇助者をでっちあげているからです。
この場合は、造園業者でなく、大使館職員です。

 偽の雇用契約書を渡したものを幇助者とすることで、
法の下の平等を実現しているのです。
こうすることで、国際法上も恣意的でないとしているのです!

 しかしこれは犯罪行為です。(嘘偽告訴)
虚偽の雇用契約書(不実の書類)を提出して、在留資格を得た者(この場合3人)は、
入管法の「在留資格取消」処分をうけます。(22条の4の4項)
(6 在留資格の取消しは、法務大臣が在留資格取消通知書を送達して行う。)
-----------------------------------
(在留資格の取消し)
第22条の4 法務大臣は、別表第1又は別表第2の上欄の在留資格をもつて本邦に在留する外国人(第61条の2第1項の難民の認定を受けている者を除く。)について、次の各号に掲げるいずれかの事実が判明したときは、法務省令で定める手続により、当該外国人が現に有する在留資格を取り消すことができる。
一 偽りその他不正の手段により、当該外国人が第5条第1項各号のいずれにも該当しないものとして、前章第1節又は第2節の規定による上陸許可の証印(第9条第4項の規定による記録を含む。)又は許可を受けたこと。
二 偽りその他不正の手段により、上陸許可の証印等(前章第1節若しくは第2節の規定による上陸許可の証印若しくは許可(在留資格の決定を伴うものに限る。)又はこの節の規定による許可をいい、これらが二以上ある場合には直近のものをいうものとする。以下この項において同じ。)の申請に係る本邦において行おうとする活動が虚偽のものでなく、別表第1の下欄に掲げる活動又は別表第2の下欄に掲げる身分若しくは地位を有する者としての活動のいずれかに該当するものとして、当該上陸許可の証印等を受けたこと。
三 前2号に掲げるもののほか、偽りその他不正の手段により、上陸許可の証印等を受けたこと。
四 前3号に掲げるもののほか、不実の記載のある文書(不実の記載のある文書又は図画の提出又は提示により交付を受けた第7条の2第1項の規定による証明書及び不実の記載のある文書又は図画の提出又は提示により旅券に受けた査証を含む。)又は図画の提出又は提示により、上陸許可の証印等を受けたこと。
五 偽りその他不正の手段により、第50条第1項又は第61条の2の2第2項の規定による許可を受けたこと(当該許可の後、これらの規定による許可又は上陸許可の証印等を受けた場合を除く。)。
以下省略
6 在留資格の取消しは、法務大臣が在留資格取消通知書を送達して行う。
7 法務大臣は、第1項(第1号及び第2号を除く。)の規定により在留資格を取り消す場合には、30日を超えない範囲内で当該外国人が出国するために必要な期間を指定するものとする。
8 法務大臣は、前項の規定により期間を指定する場合には、法務省令で定めるところにより、当該外国人に対し、住居及び行動範囲の制限その他必要と認める条件を付することができる。
9 法務大臣は、第6項に規定する在留資格取消通知書に第7項の規定により指定された期間及び前項の規定により付された条件を記載しなければならない。
(退去強制)
第24条 次の各号のいずれかに該当する外国人については、次章に規定する手続により、本邦からの退去を強制することができる。
一 第3条の規定に違反して本邦に入つた者
二 入国審査官から上陸の許可等を受けないで本邦に上陸した者
二の二 第22条の4第1項(第1号又は第2号に係るものに限る。)の規定により在留資格を取り消された者
二の三 第22条の4第7項(第61条の2の8第2項において準用する場合を含む。)の規定により期間の指定を受けた者で、当該期間を経過して本邦に残留するもの
三 他の外国人に不正に前章第1節若しくは第2節の規定による証明書の交付、上陸許可の証印(第9条第4項の規定による記録を含む。)若しくは許可、同章第4節の規定による上陸の許可又は第1節、第2節若しくは次章第3節の規定による許可を受けさせる目的で、文書若しくは図画を偽造し、若しくは変造し、虚偽の文書若しくは図画を作成し、若しくは偽造若しくは変造された文書若しくは図画若しくは虚偽の文書若しくは図画を行使し、所持し、若しくは提供し、又はこれらの行為を唆し、若しくはこれを助けた者
   以下省略
---------------------------------
 在留資格取消処分の罰則は、国外退去強制の行政処分です。
すると、国外退去強制に対して刑法幇助罪では、処分できません。

 それで、2010年7月の施行で、在留資格を得るため、他の外国人に虚偽の書類等の作成した者、助けた者も国外退去強制の条文が在留資格取り消しに追加されたのです。(現在は、退去強制の第34条で独立しました)
日本人は当然、対象外です。

 記事には、彼ら3人が入管法の「在留資格取り消し」処分を受けたとは書いていません。

そうすると、虚偽の雇用契約書を渡したとしても、
この大使館職員、外交官は何ら処罰をうけないのです。

事件の詳細はICCへ提訴(情報提供)していますので下記をご覧ください。

http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/